チャン・ヒョンスン、BEAST活動時の行動について突然の謝罪「よくない態度だった」(全文)

写真拡大

BEASTを脱退したチャン・ヒョンスンが、BEASTとしての活動当時の過ちを告白しながら謝罪の意を伝えた。

31日、チャン・ヒョンスンは自身のInstagramに長文を掲載した。彼は「これまでの7年、脱退する前まで僕はBEASTとして活動しながら皆さんに身に余る愛をいただきました。子供の頃、テレビで踊って歌う歌手たちが華やかでかっこいいと思い、その時から大きな夢を持って5年間練習し、良いチャンスを通じてBEASTとしてデビューすることができました」と文を始めた。

続いて「デビューして夢を叶えたかのように思えましたが、当時の僕には自分なりに不便に感じていたことがあり、また解消できない音楽的な欲求などがありました。グループ活動とチームワークのための理解よりは、自分の固執を優先し、他人の話を聞いても自分の固執と自尊心を優先し、メンバーを含めた周りの人々をたくさん苦しめました。そうやって徐々に遠くなったメンバーたちとの壁はとても高くなり、僕は融和を選ぶ代わりに遠くなる道を選びました」と告白した。

チャン・ヒョンスンは「当時既に僕は自らを統制する能力さえ喪失し、ステージを含め、全ての公式席上で良くない態度を見せることに至りました。さらに分別のない自分の姿が若さを楽しんでいるものだと勘違いまでしました。それがかっこいいとまで思っていました。今考えるととても後悔する姿です」とBEAST活動当時の行動を後悔した。

また「固執と同じくらい不必要なプライドも強く、ごめんなさいと謝ることが難しかったです。しかし脱退後、僕には色々なことがあり、経験と言うにはとても大変でした。そんな時、プライドを持つことを止めたら、ずっと踏ん張っていた底を打つことができ、そうやって僕は自分なりの底から悟りと自由を得ることができました。同時に僕の軽率かつ利己的な決定が、どんなに大きな傷を与えたのかを今になって気づきました。僕によって傷ついた方々に本当に申し訳ないとお伝えしたいです。申し訳ございませんでした」と謝罪した。

チャン・ヒョンスン、本日(27日)不意打ちカムバックを発表…感性を刺激するバラード「HOME」発売

BEAST チャン・ヒョンスン、グループを脱退…事務所が公式発表(全文)

【チャン・ヒョンスン SNS全文】

こんにちは。チャン・ヒョンスンです。

長い文章になると思いますが、どうしても伝えたかった僕の話を伝えようと思います。

これまでの7年、脱退する前まで僕はBEASTとして活動しながら皆さんに身に余る愛をいただきました。子供の頃、テレビで踊って歌う歌手たちが華やかでかっこいいと思い、その時から大きな夢を持って5年間練習し、いいチャンスを通じてBEASTとしてデビューすることができました。

デビューして夢を叶えたかのように思えましたが、当時の僕には自分なりに不便に感じていたことがあり、また解消できない音楽的な欲求などがありました。

グループ活動とチームワークのための理解よりは、自分の固執を優先し、他人の話を聞いても自分の固執と自尊心を優先し、メンバーを含めた周りの人々をたくさん苦しめました。

そうやって徐々に遠くなったメンバーたちとの壁はとても高くなり、僕は融和を選ぶ代わりに遠くなる道を選びました。

当時既に僕は自らを統制する能力さえ喪失し、ステージを含め、全ての公式席上で良くない態度を見せることに至りました。さらに分別のない自分の姿が若さを楽しんでいるものだと勘違いまでしました。それがかっこいいとまで思っていました。今考えるととても後悔する姿です。

固執と同じくらい不必要なプライドも強く、申し訳ないと思った時ごめんなさいと謝ることが難しかったです。しかし脱退後、僕には色々なことがあり、その過程が経験と言うにはとても大変でした。そんな時、プライドを持つことを止めたら、ずっと踏ん張っていた底を打つことができ、そうやって僕は自分なりの底から悟りと自由を得ることができました。僕自身は見ることができず、周りの人に傷だけを残しました。同時に僕の軽率かつ利己的な決定が、どんなに大きな傷を与えたのかを今になって気づきました。僕によって傷ついた方々に本当に申し訳ないとお伝えしたいです。

申し訳ございませんでした。