ニンテンドースイッチ本体更新「3.0.1」配信─充電残量の表示に関する問題を修正

写真拡大

任天堂は、ニンテンドースイッチにおける本体機能の更新となるシステムバージョン「3.0.1」の配信を、2017年8月1日より開始しました。

今回の主な更新内容は、充電残量が正しく表示されないことがある問題などの修正や、システムの安定性および利便性の向上となっています。ニンテンドースイッチがインターネットに接続されていれば、自動で本体更新データがダウンロードされるので、あとは画面の案内に従って更新してください。

手動で更新を行う場合は、本体をインターネットに接続した後に、HOMEメニューにある「設定」→「本体」にある「本体の更新」で行ってください。現在のシステムバージョンも、こちらで確認することができます。

■更新内容
以下を含む、いくつかの問題の修正と動作の安定性、利便性を向上させました。

●充電残量が正しく表示されないことがある問題の修正
急に充電残量表示が増えたり、減ったりするような問題が生じている場合は、使用するうちに徐々に改善されます。
(C)Nintendo

■関連リンク
Nintendo Switchの本体更新について