PSGの会長は楽観的な態度を見せている

写真拡大

PSGの会長ナセル・アル・ケライフィの過ちは、バルサのブラジル人スターであるネイマールの契約オペレーションの状況について、親しい人たちに新しい手がかりを与えてしまったことだ。

【関連記事:バルサ諦める ネイマール残留】

つい最近の『Yahoo Sports France』の情報によると、PSGのナセル・ケライフィ会長は、ネイマールの加入を心待ちにしており、親しい友人たちにこの楽観的な姿を見せるのを隠すことができなかった。
このオペレーションを獲得しようとしている秘密主義にもかかわらず、彼のチームでネイマールがプレーするという願望は、バラされてしまった。
『Yahoo Sports France』によると、PSGの会長は親しい人たちに「ネイマールの契約はうまく進んでいる。私は信頼しているよ」と言ったそうだ。彼のネイマールに対しての最も楽観的な表れは、だんだんPSGとの契約に近付いており、バルサの規律を破ろうとしている。

アル・ケライフィはこのネイマールのと契約に胸をときめかせており、楽観的である。現在足りないのは時間だけであり、少なくとも数日の間にオペレーションが完了し、PSGはネイマールの入団を発表することができるだろう。