バルセロナに降り立ったネイマールの父親

写真拡大

ネイマールの父親はすでにバルセロナに到着している。その一方で、渦中のネイマールはプロモーションツアーのため中国にいるが、FCバルセロナもパリ・サンジェルマン(PSG)も移籍マーケットで慎重な動きを見せている。

【関連記事:バルサ諦める ネイマール残留】

自身の息子の将来について沈黙を貫いているネイマールの父親がバルセロナに到着し、FCバルセロナのよって支払われるべきボーナス2,600万ユーロ(約34億円)を受け取ろうとしている。それと並行してネイマールのバルサ退団の可能性についても交渉を進める模様である。

ネイマールはオファーが来る前に契約延長しており、今年6月に移籍金を1億9,600万ユーロ(約254億円)から2億2,200万ユーロ(約286億円)に増額していた。そして、その差額は今回ネイマールの父親が契約更新のボーナスとして受け取る2,600万ユーロ(約34億円)と一致している。
なお、バルセロナに到着したネイマールの父親は去就については何も語らず、多くのジャーナリストが待ち受けていたものの沈黙を貫いている。