広島県の南西部に位置する、呉市(くれし)。瀬戸内海に面しており、多くの船舶が泊まる港や生い茂る森林、風情ある温泉などが魅力です。

『呉の夏の風物詩』といわれて長年親しまれている『海上花火大会』には、美しい花火とライトアップされた海上自衛隊の船を見に、毎年10万人以上が集まります。

広島県呉市の『花火大会ポスター』が素敵!

2017年7月29日に開催された、第68回目となる呉の夏まつり『海上花火大会』。

海上から打ち上げられたおよそ4000発の花火に、多くの人から感嘆の声が上がりました。

そんな『海上花火大会』のために制作されたポスターに「素敵!」という声が集まっています。

恋愛や家族愛など、さまざまな関係性を描きだした5枚のポスター。

淡い色合いのイラスト、シンプルな文章から、それぞれの人間関係や感情が伝わってきます。

ちなみに、呉市公式Twitterが「どのポスターが1番好き?」というアンケートを行ったところ、1位は『次の一発が上がったら手を握ろう』だったそうです。

どのポスターも、胸が温かくなると同時に懐かしさを感じますね。このポスターを見て、「久々に、花火大会に行ってみようかな」と思った人も多いのではないでしょうか。

[文・構成/grape編集部]