Photo by halii_(写真はイメージです)

写真拡大

 上西小百合衆議院議員(34)がツイッターを更新し、タレントの上沼恵美子(62)とやり合った過去を明かした。サッカーJ1の浦和レッズ批判からはじまり、公人らしからぬ炎上発言を繰り返している上西氏。炎上を煽るような発言も多く、ツイッターアカウントに寄せられる批判もいまも後を絶たない。

 そんな渦中の上西氏は31日にもツイッターを投稿。関西では大御所タレントとして”ご意見番”のポジションにいる上沼恵美子から、「2年前の9月に上沼さんの番組に出演した時に『あんたの事なんて11月になったらだーれも覚えてない』って言われ」と罵倒された過去を振り返った。

 しかし、上西氏はそこで猛反発を覚え、「それを聞いてカチンときたから、当然仕事はしっかりやって、それとは別に存在感だけは意地でも維持しようと決めた」と逆にその罵倒が仕事のモチベーションの向上につながったことを明かした。

 しかし、こうしたツイートに、上西氏のアカウントには『「当然仕事はしっかりやって」…えっ?いつどんな仕事したんですか?」「人に覚えて貰うってことの意味を履き違えてる」「悪目立ちするのが議員の仕事?」など批判の声が寄せられている。確かに存在感だけはどの議員にも負けない上西氏だが本業の政治の面では実績は皆無。いつまでこの路線を続けていく気なのか不思議でならない。

文・内村塩次郎