浅田真央のスケート曲を収録したベスト盤がオリコン週間クラシック・チャートで1位獲得

写真拡大

 2017年4月に現役引退を発表した元フィギュアスケート選手・浅田真央の自身初となるベスト盤CD『浅田真央 ベスト・オブ・スケーティング・ミュージック』が7月26日に発売され、最新のオリコン週間総合アルバムランキングの「クラシック部門」で1位を獲得した。

 同CDは浅田のスケート人生における音楽の集大成となるベスト・アルバムで、浅田自らも選曲に参加、数々の名演技、想い出のシーンを蘇えらせる代表楽曲、7月29日の大阪公演から始まったアイス・ショー「THE ICE 2017」の演技で披露された最新プログラムの2曲「エレジー(ラフマニノフ)」「ウィンド・ビニース・マイ・ウィングス」も収録されている。

 『浅田真央スケーティング・ミュージック』シリーズは2007年以来8作品がリリースされ、トータル・セールスが15万枚を超えるが、この『浅田真央 ベスト・オブ・スケーティング・ミュージック』は単体で発売初週にして1万枚の出荷を突破するなどクラシック・ジャンルでは早期に2万枚が見える異例のヒット作品となっている。

 また、CDの発売を記念し7月25日から全国4箇所に、CDのジャケット写真を浅田の等身大の大きさにした「浅田真央等身大パネル」も設置されている。等身大パネルが設置されるのは、埼玉県越谷市、神奈川県川崎市、愛知県名古屋市、大阪府堺市の4都市で、設置は6日までと期間限定。この等身大パネルと写真を撮るとポスターがもらえるキャンペーンも実施中だ。