画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ピジョンはこのほど、子育て経験のある923人を対象に実施した「乳歯ケアに関するアンケート」の結果を発表。同調査は2017年6月、同社ウェブサイト「ピジョンインフォ」で実施された。

個人差はあるが、生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃんに最初の歯(乳歯)が生えてくるという。そこで、乳歯ケアに関心はあるか尋ねたところ、99.3%が「ある」と答えた。ほとんどのママが乳歯ケアに関心があるということが分かった。

さまざまな乳歯ケアグッズがあるが、どのようなものを使用しているか尋ねたところ、口の中に入れても歯や歯ぐきを傷つけない工夫がされている「乳歯ブラシ」(89.3%)が最も多かった。次いでママやパパが赤ちゃんの歯をみがいてあげるためにつくられた「仕上げブラシ」(51.0%)、「歯みがき剤」(32.8%)となっている。

乳歯ケアの悩みを聞くと、72.9%が「子どもの歯がきちんとみがけているか自信がない」と答えた。以下、「子どもが歯みがきを嫌がる」(47.9%)、「使用している道具が適切か分からない」(29.7%)、「子どもの歯みがきをスタートする時期が分からない」(23.8%)と続いている。