高島礼子、女性版“おくりびと”映画で主演

写真拡大

女優の高島礼子が、女納棺師という職業を軸に描かれた女性版“おくりびと”「おみおくり」に主演。2018年3月の劇場公開が決定した。

原案は、「今日のご遺体 女納棺師という仕事」(著:永井結子/祥伝社黄金文庫刊)。納棺師を描いた作品として記憶に残るのは、2008年に公開されアカデミー賞・外国語映画賞を受賞した「おくりびと」があるが、本作は女性の納棺師を軸に、人の「死」に触れる仕事を通して自らの心の傷をいやし、生きることへの希望を見出していく様を繊細に描いている。

ストーリーはこうだ。主人公のベテラン納棺師・満島弥生(高島礼子)は、過去に愛する人との悲しい別れを経験していた。その傷を癒そうとするかのように、日々「死」の現場で納棺の仕事を続けている。一方、子供の頃に両親を亡くし、それ以後事故の悪夢に苦しめられていた亜衣(文音)は、女性納棺師・満島弥生の存在を知り、自分自身と向き合うために納棺師への道を選択した――。

メガホンを執り、脚本も手掛けたのは伊藤秀裕監督。家族や恋人との7つのお別れのエピソードを通して、人の「死」に直面する悲しい現場を繊細に描き、見送る人達と見送られる人との心温まる愛と成長の物語を誕生させた。

映画「おみおくり」は2018年3月、有楽町スバル座ほか全国順次公開。