「ヨーガン レールの最後の仕事」 2011-2014 「おとなもこどもも考える ここはだれの場所?」(東京都現代美術館, 2015)展示風景 撮影:TAKAGI Yuriko

写真拡大

 2014年に事故で逝去したドイツ人デザイナー ヨーガン・レール(Jurgen Lehl)の最後の仕事を展示する「ヨーガン レール 文明の終わり」が、金沢21世紀美術館で開催される。会期は8月5日から11月5日まで。
 ヨーガン・レールは1944年生まれ。オリジナルのテキスタイルやジュエリー、家具や器など幅広いデザインを手掛けてきた。晩年には石垣島に移住。「最後の仕事」として海岸を埋め尽くすプラスチックのゴミを活用し、130以上のランプを制作した。今回の展覧会ではランプのほか、長い時間をかけて拾い集めたというインドの瑪瑙石「ババグーリ(Babaghuri)」を展示。また、映像やテキスト、写真を通じて、自然やその美しさを愛したヨーガン レールの思いを届ける。