ガールズ・ダンス&ボーカルグループの東京女子流が2017年10月25日(水)、『PERIOD. BEST 〜オトナニナルンダカラ〜』と『PERIOD. BEST 〜キメテイイヨワタシノコト〜』という、内容の異なる2枚のミニアルバムを同時リリースする。

【東京女子流『PERIOD. BEST』2枚同時発売 松井寛、Hi-raと魅せる原点回帰&進化の画像・動画をすべて見る】

松井寛とHi-ra、2人のクリエイターを中心に構成


東京女子流 / 12.23発売 5thAlbum "REFLECTION" 全曲試聴!進化を求めたNEWアルバム


『PERIOD. BEST 〜オトナニナルンダカラ〜』は、デビューから作編曲としてグループを支えた、松井寛さんの楽曲を中心に収録。

全容は明らかではないものの、改めてレコーディングする旧譜6曲に加え、新曲、そして2015年にリリースされた5枚目のアルバム『REFLECTION』に収録された「illusion」を含む全8曲を予定している。この曲は、2代目リーダー・庄司芽生さんが作詞とメインボーカルを担当した。

東京女子流 / predawn



一方、『PERIOD. BEST 〜キメテイイヨワタシノコト〜』は、2016年7月に発売した「深海」以降のシングルを手がける気鋭のサウンドクリエイター、Hi-raさんのEDMサウンドを中心に構成。

それぞれに付属するDVDには、「深海」「ミルフィーユ」「predawn」「water lily 〜睡蓮〜」の4曲と、異なる1曲のMVが収録される。

8月に開催されるTIFにも3年ぶりに帰還


東京女子流は2010年1月1日、エイベックスから約7年ぶりに誕生した4人組のガールズグループ。

今年6月には、3年ぶりとなる「TOKYO IDOL FESTIVAL 」(TIF2017)への出演を発表。同時期には2015年に行った、脱アイドルを掲げたアーティスト宣言を撤回した。

アーティストなのかアイドルなのかは、みていただく方に判断してほしい」というメッセージのもと、原点回帰を宣言した。

東京女子流 / water lily 〜睡蓮〜



7月にリリースした23枚目のシングル「water lily 〜睡蓮〜」はオリコンデイリー5位を獲得。さらに8月からは、デビューから2014年まで開催していた定期ライブの復刻版がスタート。

勢いと注目度が増す中で発表されたミニアルバムは、定期公演などのライブとも連動。現在までの集大成であり、東京女子流の教科書的作品になるという。

メンバーの中江友梨さんはHIPHOPユニット・サ上と中江でもおなじみ