水面埋め尽くす人とボート、混みすぎな川下り

写真拡大

夏の暑さから、少しでも涼しくなりたいのは日本も中国もきっと同じ。だが中国では海もプールも人が多すぎるのが実情。では川下り、ラフティングはどうだろうか。

中国河南省には川下りを手軽に楽しめる施設があるが、毎年人気がありすぎて、川下り用のボートが全く進まない状況にあるという。原因は水面に多くのボートを浮かべすぎているためだが、そういった状況でも4〜5時間待ち、救命具で体温が上がり、涼むどころではないこともあるそうだ。

この話題が地元メディアで取り上げられると、ネットでは「ボートがまるで餃子のようだね」「予約するとか人数を制限すればいいのに…」「愚かだなあ」「ディズニーランドで並ぶよりはいい体験なのかもね」といったコメントが寄せられている。