31日、環球時報(電子版)によると、韓国外務省は同日、2015年12月に公表した旧日本軍の従軍慰安婦問題をめぐる日韓合意を検証する作業部会の初会合を開催した。写真はソウルの日本大使館前の慰安婦像。

写真拡大

2017年7月31日、環球時報(電子版)によると、韓国外務省は同日、2015年12月に公表した旧日本軍の従軍慰安婦問題をめぐる日韓合意を検証する作業部会の初会合を開催した。交渉の過程や合意の内容を調べ、年内にも報告書をまとめる。

韓国・聯合ニュースによると、韓国政府はこれまで繰り返し「国民や元慰安婦女性には受け入れがたい内容だ」と主張。日韓両政府はそれを踏まえたうえで、問題解決に向けてともに知恵を出し合うべきだとしてきた。しかし、合意自体を撤回するかどうかは不透明な見通し。韓国政府の決定に作業部会の調査結果が重要な役割を果たすとみられる。

作業部会は康京和(カン・ギョンファ)外相を中心に、日韓関係や国際政治、国際法、人権問題などの民間専門家や外務省関係者ら9人で構成されている。(翻訳・編集/大宮)