16-17イングランド・プレミアリーグ第24節、チェルシー対アーセナル。ボールを蹴り出すチェルシーのネマニャ・マティッチ(2017年2月4日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)は31日、チェルシー(Chelsea)からセルビア代表MFネマニャ・マティッチ(Nemanja Matic)を獲得したことを発表した。移籍金は4000万ユーロ(約52億円)と報じられている。

 ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ(Jose Mourinho)監督は、チェルシーを率いていた2014年にマティッチをベンフィカ(Benfica)から獲得しており、同選手の才能に投資を行ったのは今回が2回目となっている。

 マティッチは、1年の延長オプション付きの3年契約をユナイテッドと結んでいる。

 モウリーニョ監督はクラブのホームページで「ネマニャはマンチェスター・ユナイテッドの選手であり、ジョゼ・モウリーニョの選手だ。忠誠心、一貫性、野心、チームプレイヤー。彼はわれわれがサッカー選手に求めるものすべてを象徴している。加入したいという彼の気持ちに感謝したい。それがなければ、われわれは彼を獲得できなかったからね。選手やサポーターたちが、彼を気に入ると確信している」とコメントした。

 一方でマティッチは、モウリーニョ監督の存在が移籍の決断を容易にしたと明かした。

「マンチェスター・ユナイテッドに加入できたことを本当に喜んでいる。またジョゼ・モウリーニョ監督とともに働くことが出来る機会というのは、拒否は出来ない。チェルシーでの時間は楽しいもので、クラブやファンの支援に感謝したい。新しいチームメートに会い、トレーニングを始めることが待ちきれない」

 当初のチェルシー移籍時にはわずか65分間の出場にとどまっていたマティッチは、2011年にチェルシーがダビド・ルイス(David Luiz)を獲得した2011年にベンフィカに加入していた。2度目のチェルシー移籍でマティッチはより良い時間を過ごし、リーグ制覇を2度経験している。チェルシーでは通算154試合に出場し、7得点を決めている。
【翻訳編集】AFPBB News