ネマニャ・マティッチがマンU加入

写真拡大

 マンチェスター・ユナイテッドは31日、チェルシーからセルビア代表MFネマニャ・マティッチ(28)を獲得したことを発表した。契約期間は、1年の延長オプション付きの3年契約。移籍金は英『スカイ・スポーツ』によると、4000万ポンド(約58億円)となるようだ。

 2009年8月にチェルシーに加入したマティッチは、出場機会を得られず、2010-11シーズンはフィテッセ(オランダ)に期限付き移籍。11年夏には、DFダビド・ルイスとトレードの形でベンフィカに完全移籍した。ベンフィカでは、公式戦99試合に出場するなど活躍が認められ、14年1月にチェルシーに復帰。3シーズン半で公式戦151試合に出場した。

 マティッチと再タッグを組むことになったジョゼ・モウリーニョ監督は、「彼は、我々がフットボール選手に求める忠誠心、安定感、野心、チームプレーヤーという全ての要素を体現している選手だ。我々のチームに加わることを希望してくれた彼に感謝したい。そうでなければ、彼を獲得するのは不可能だった。チームの選手たち、サポーターも間違いなく彼を気に入るだろう。新たな31番を心から歓迎したい」と愛弟子の加入を喜んだ。

 なお、マティッチ加入はDFビクトル・リンデレフ、FWロメル・ルカクに続く、3人目の加入となる。


●プレミアリーグ2017-18特集

●欧州移籍情報2017-18