LINEで勤怠連絡はアリorナシ?「変わりゆく職場の新常識」ランキング

写真拡大

時代の流れとともに、ビジネスマナーや職場の常識も変わっていく。それは、世の常なのかもしれません。

そこで『BizLady』では、働く500人に「ひと昔前は考えられなかったけど、今だったらアリだと思われる職場のマナーは?」というアンケートをとってみました。

すると、思わず「え、そうなの?」と言いたくなるような驚きの新常識も……! みなさんの職場ではアリかナシか、チェックしてみてくださいね。

では早速、上位5位の結果を見ていきましょう。

第5位:「定時キッカリの退社」(12.8%)

ひと昔前は、まだ仕事をしている上司や先輩をさしおいて「お先に失礼します」とはなかなか言いづらかったもの。また、終電ギリギリまで仕事をするために、定時すぎに少し腹ごしらえでも……なんていう光景も、筆者が若い頃はよく目にしました。

ところが、近年では“ワークライフバランス”優先の働き方であったり、または会社の方針で“ノー残業”を推進しているのか、「定時キッカリの退社」は、とくに珍しいことではなくなったようです。

第4位:「会社の遅刻欠勤の報告をLINEですること」(14.6%)

ひと昔前の勤怠連絡は電話が主流でしたが、スマホやタブレットが当たり前になった現代。遅刻や欠勤の勤怠連絡を電話でする人は減っているのでは、と筆者も考えていました。しかし、LINEがこれほどオフィシャルに使われていることに、驚く人もいるのではないでしょうか。

配属後すぐに、自分の所属する部や課のLINEグループはないのか確認する、という新社会人の話も聞きますが、これまでの常識ではなかなか考えにくかったはず。でも、そもそも以前はスマホやLINE自体がなかったので比較が難しい面もありますね。

第3位:「会社の遅刻欠勤の報告をメールですること」(15.2%)

4位の“LINEで勤怠連絡”よりはメールのほうがオフィシャルツールのように感じますが、4位と3位にさほど差がない結果をみると、とにかく勤怠連絡は直接話す電話ではなく文面で済ませるという実態が見えますね。

電話をかける・取るという行為が、メールやLINEよりも場所と時間を選ぶ手段と捉えられている面があるのかもしれません。いずれにしても時代の変化を感じる結果となりました。

第2位:「一切残業しないこと」(15.6%)

第5位に続いて、勤務時間に関することがランクイン。この結果を見ると、もはや残業はさせられるものではなく、自分たちでするかしないかを選択できるものという認識も広まってきているのでしょうか。

残業しない働き方をすれば、成績や成果に影響し、人事評価にもつながるかもしれない……というのがひと昔前の大半の考え方でしたが、今や個人の意志を尊重することが職場においても大事になってきているのかもしれませんね。

第1位:「職場の飲み会に参加をしないこと」(16.0%)

“職場の飲み会には基本的に絶対参加”という暗黙の了解は、もう過去のものなのかも。

ひと昔前までは、店を探したり、出欠や会計を取り仕切る幹事は若手社員のお役目でした。しかし近年では、参加を嫌がる若手社員が増えている話もよく耳にします。

“飲ミュニケーション文化”も薄れてきて、職場の部署やチームで何かをすることが少なくなってきていますよね。ちょっと寂しい気もしますが、そんな現代の働き方の風潮を肴に、お酒を酌み交わしている一部の世代もいるのかもしれませんね。

以上、“変わりゆく職場のマナーランキング”でしたが、皆さんはこの結果をどう見ますか?

少数派でしたが、「後輩の面倒は見ない」「先輩に敬語は使わない」なども選ばれていました。今後も“働き方や職場の常識”は刻々と変わっていくのかもしれませんね。