いわゆる“モテキャラ”って天性のものだから、器用なアピールが苦手な自分にはマネできない……。学校や職場で男子の視線を集めてキラキラしてる女子を見ると、そんな風に凹むことってありますよね。



今の自分のままでもモテ女子になれる?


おしゃれやメイクを頑張っているけど、とびきり美人ではない。男心をわかってて、誰とでもすぐに仲良くなれたりかわいがられたり、そういう器用な対応ができない……女子の中には、そういう人の方が多いのではないでしょうか?

無理にいかにもなモテキャラを目指すよりも、今の自分を活かしたままでモテ女子になれる方法を考えたほうが早いのかも! ということで、今回は小悪魔どころか不器用でダメダメだけど愛される♡ セーラームーンのキャラ・うさぎちゃんからモテの秘訣を学んでみたいと思います。

“頑張り屋さん”がモテる♡



うさぎちゃんって、普段は勉強おサボり学生なところもあるけど、セーラームーンに変身して戦うときは、とにかく頑張り屋さん。本気で戦っているからこそ見ているほうも応援したくなるし、限界まで力を出し切っている姿だからこそ弱さを発見することもできます。もし、ほどほどのテンションで戦っていたら、敵に負けても全くかわいそうに思えないですよね。

全力で物事に取り組もう!
小悪魔テクで「守ってあげたい感」を演出するのが苦手な人は、まず全力で何かしている様子を人に見せるのがおすすめ。
たとえば、重たい荷物を最初から要領よく男子に頼んで運んでもらうのではなく、いったんヨロヨロと運んでみて。気がついて代わってくれる人は、普通に頼んだ場合よりもヒーロー気分でやってくれます。最終的に男子にお願いする場合にも、「運んでみようとしたんだけど(できなかった)……」という流れを作りましょう。

ドジで不器用なところも隠さずに♡


セーラー戦士の中でも、うさぎちゃんは一番ドジで不器用。未来からやってきた自分の娘・ちびうさにもバカにされちゃってるくらい。でもそのヌケ感が、見ていてホッとする愛されポイントに活かされています。



“天然”キャラは苦手だし、なろうと思ってもできない! という人も、日常の中でちょっとドジなことをしたり、上手くできないことってありますよね。アイコンが似ている別の人にLINEしちゃった、駅の改札でなぜか家のカギをカバンから出そうとした……なんていう些細なミスとか、大人になっても靴紐のリボン結びがじつは上手くできないとか。そんなトピックは、胸にしまわずに人に話しちゃいましょう! ツッコミ待ちなエピソードをあえて隠さずに出していくことで、モテにつながる隙を作ることができますよ。

素直に思いを伝えよう!


好きな人の前では真っ赤、ショックなことがあったら泣いちゃう、友達が危険だと知ったらためらわずに駆け出す……素直な感情表現も、うさぎちゃんの大きな魅力。アニメみたいに豊かな感情表現を現実の中でやってしまったら、もちろんスベっちゃう場面も多々あるはず。

でも男子って、女子同士に比べて言わなくても察するというよりは、わかりやすく説明されることで相手を理解する生き物なんです。だから、「うれしい」「悲しい」「力になりたい」など、大事な場面では思いを素直に言葉にすることで、男子との心の距離を縮めてみてくださいね!



セーラームーンに学んで誰でもかんたんに実践できる! なんだかんだ王道なモテキャラ作りの方法をみてきました。ピンときたポイントから、さっそく試してみてくださいね♡
(由井妙/studio woofoo)