SNSで話題!浦和レッズ、「監督解任」に関する不思議な“ジンクス”とは

写真拡大

先週末、北海道コンサドーレ札幌に2-0と敗れた浦和レッズ。

これにより、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督が公約として掲げていた「連勝」の夢は潰え、6年間に渡るミシャ政権は終焉を迎えた。

毎年のように好成績を収めながらも、結局ペトロヴィッチ体制の浦和はJ1のタイトルに届かなかった(ステージ優勝を除く)。

一つの時代が終わりを迎えたような印象を受けるが、浦和の監督解任には不思議なジンクスがあるという。

SNSで話題になっている“偶然の一致”がコレだ。

【2008シーズン】

・アルビレックス新潟からFWエジミウソンが移籍
→3月、ホルガー・オジェック監督が解任に。後任としてゲルト・エンゲルスが就任

【2011シーズン】

・アルビレックス新潟からMFマルシオ・リシャルデスが移籍
→10月、ジェリコ・ペトロヴィッチ監督が解任に。後任として堀孝史が就任

【2017シーズン】

・アルビレックス新潟からFWラファエル・シルバが移籍
→7月、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督が解任に。後任として堀孝史が就任

なんでも浦和は新潟から外国籍選手を補強すると、そのシーズン中にどういうわけか監督が解任されてしまうのだという。

もちろんこれは単なる偶然に過ぎないのだが、それにしてはあまりにも出来すぎである…。