フィリッペ・コウチーニョ【写真:Getty Images】

写真拡大

 リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督が、MFフィリッペ・コウチーニョの放出を改めて否定した。英メディア『リバプール・エコー』などが伝えている。

 コウチーニョは現在、バルセロナへの移籍が噂されている。FWネイマールのパリ・サンジェルマン移籍が濃厚とみられており、バルセロナがその後釜にコウチーニョを獲得するかもしれない。スペインでは、すでにコウチーニョの移籍が目前とも報じられた。

 これについて問われたクロップ監督は、「新しいニュースはない。彼は売りに出ていない」と強調。「この言葉の解釈をどこで間違えることができるのかが分からないね」と答えている。

 バルセロナは2度目のオファーを準備しているところと言われている。ネイマール放出で大金を手にする可能性が高いバルセロナからのオファーを、リバプールは断り続けるのだろうか。

text by 編集部