ベルギー1部コーチに就任した霜田正浩氏

写真拡大

 日本サッカー協会の前技術委員長の霜田正浩氏(50)がベルギー1部シントトロイデンのコーチに就任する。31日、関係者が明かした。日本代表のアギーレ前監督やハリルホジッチ監督を招へいした中心人物が、欧州の最前線で再出発する。

 霜田氏はFC東京、千葉などのコーチを経て2009年に日本サッカー協会入り、技術委員長などを歴任した。日本代表監督人事に尽力したが、昨年限りで技術委員を退任。指導者として現場復帰の道を目指し、今春にはタイ代表や同国のU-19代表の監督候補にも挙がっていた。

 日本代表の選手が欧州で活躍する中、霜田氏は「指導者も同じようにならないといけない」と話していた。元日本代表MF藤田俊哉氏が昨季までオランダ2部・VVVフェンロのコーチを務めたが、欧州1部リーグの日本人指導者は少ない。シントトロイデンはネット関連会社「DMM.com」が株式の一部を取得した中堅クラブ。日本の若手選手や指導者が欧州に挑戦する際の窓口として期待されている。