長時間労働に縛られる社会人の実態 筆者が提案する環境改善の糸口

ざっくり言うと

  • 男性社会人の約4割が、1カ月平均200時間越えの労働に縛られているという
  • すでに忙しい人に「生産性を上げる」ことを求めても躊躇の方が大きいと筆者
  • 「生産性を下げる仕事をやめる」ことが、環境改善の糸口になるのではとした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング