29日、中国のポータルサイト・今日頭条に、日本の農家の年収について紹介する記事が掲載された。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2017年7月29日、中国のポータルサイト・今日頭条に、日本の農家の年収について紹介する記事が掲載された。

記事は、日本の農家の一例として、地方政府関係の仕事を退職後、九州の先祖代々の土地で農業を営む68歳男性について紹介した。

この男性は、3ヘクタールの農地で主に稲作を営んでおり、妻は市内のスーパーでレジの店員をしている。そのため農作業は基本的に1人で行っているが、多くの作業を機械で行っているため、収穫期に手伝いが必要な以外は1人でも十分だという。

記事は、3ヘクタールという農地は日本では小さな方で、米の年間収穫量は平均1万5000キログラムになると紹介。金額にするとおよそ380万円で、経費を差し引くと純利益はおよそ半分の190万円ほどになると伝えた。

この農家の男性の場合、繁忙期以外の時期には、温泉旅館や農作物の加工工場などでアルバイトもしており、副収入がある。さらに年金収入が月に16万円で、妻の収入の毎月10万円を含めると、夫婦の年収は500万円ほどになると紹介した。

記事は、日本では多くの人が都市での生活をしたがらないが、それは農村部での生活が快適だからだと分析。紹介した農家の男性は、大きな自宅を所有しているほか、3台の自動車を保有していると、その生活の豊かさを紹介した。

これに対し、中国のネットユーザーから「中国の農家はお金も土地も家もない。すべて国のものだから。中国には先祖から伝わるものは権益のほかはない。日本は何でも後代に残せる。比較のしようがない」、「日本は全国民の利益を考える国。わが国は少数の人の利益を考える国。100年経っても日本の農家を超えられない」など、日本との違いに言及するコメントが多く寄せられた。

そのためか、「みんな、たたかないでくれよな。俺は日本に行って農業をやりたいよ」というユーザーもいたが、中国の農家の現状を考えると、その気持ちが分からないでもない。(翻訳・編集/山中)