7月27日の民進党の臨時役員会で蓮舫代表が辞任を表明した。翌28日には、稲田朋美防衛相が辞任した。2人への評価は、それぞれに毀誉褒貶はあるだろうが、与野党を代表する女性政治家であったことは間違いない。理由はまったく違うが、その2人がほぼ同時に辞任に追い込まれてしまった。

 だが今回の2人の辞任は、単なる辞任劇とは思えない。だからあえて見出しに「退出」とした。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

政治家としての将来が霧散した稲田氏

 稲田氏の場合、当選わずか3回であるにもかかわらず、安倍首相の秘蔵っ子として行政改革担当大臣、自民党政調会長、防衛相などを歴任するという異例の厚遇を受けてきた。行政改革担当相、政調会長時代は特段の功績もなかったが、目立つような失敗もなかった。

 だが防衛相になってからは、その資質を疑われるような失言や行動が次々とあらわになってしまった。そもそも、その洋服などのファッションにも批判の声が自衛隊の内外から出ていたが、同感である。南スーダン派遣の自衛隊PKO部隊の日報問題では、国会答弁の稚拙さも目を覆うものがあった。

 南スーダンの首都ジュバで発生した大規模衝突について、派遣部隊の「日々報告」に「戦闘」と記載されていた問題では、野党側の「現地で『戦闘』があったことを認めるのか」という追及に対して、稲田氏は、「戦闘という言葉が使われているのはその通りだが、法的意味における戦闘行為ではない。大規模な武力衝突はあったが、国際的な武力紛争の一環として行われる戦闘行為とは評価できない」という答弁を繰り返した。「戦闘」があったとは認めたくないということである。

 その後、さらなる追及に対して、稲田氏は、「(「戦闘」という)憲法9条上の問題になる言葉を使うべきでないので、武力衝突という言葉を使っている」と答弁してしまったのである。

 要するに、9条に抵触しないよう「戦闘」という言葉を「武力衝突」に置き換えたと自白してしまったのだ。これでは防衛相が、自衛隊の南スーダン派遣は憲法上問題があると認めてしまったようなものである。

 また、辞任の直接の原因となった防衛相による組織的な「日報」の隠蔽に関わったかどうかについても、特別防衛観察の報告がなされたが、灰色決着のままである。

 さらには、都議選の応援演説で「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい」と発言し、都議選敗北の大要因を作ってしまった。

 さらに続く。7月6日、九州北部の豪雨災害で自衛隊が出動しているその最中に、防衛省を抜け出し、私的な昼食勉強会に出席をしていたことが判明した。防衛相経験者の石破茂氏や中谷元氏らは、「あってはならないこと」と厳しく批判しているが、当然のことである。

 森友学園の問題でも、同学園の訴訟に関わったことがないと否定した翌日には、「記憶違いだった」と撤回に追い込まれた。

 枚挙に暇がないほどの失態の連続である。稲田氏を擁護し続けてきた産経新聞も、「首相の期待と温情は、稲田氏の将来の芽も摘んでしまった」(7月29日付)と論評している。

 確かに、今回の辞任は、一要因での辞任ではなかった。これまで何度も大臣罷免があってもおかしくない失態があったにもかかわらず、安倍首相は庇護してきた。その結果、稲田氏には“政治家失格”という烙印が押されてしまうことになってしまった。これまで順調すぎた稲田氏の政治家としての歩みだったが、一度押されてしまったこの烙印を取り消すのは至難の業であろう。将来の首相候補どころか、将来の芽は摘まれてしまったと言うしかない。

蓮舫氏はこれからどうするのか

 蓮舫氏は辞任の記者会見で、「自分のなかで、きのう考えたときに、やはり“遠心力”を働かせてしまった。それを“求心力”にどうやったら持っていけるのだろうと考えた結果、引くという判断につながった」と語った。

 当初は、辞任の意向はなかったということでもある。だが、野田佳彦氏が幹事長を辞任し、その後の新しい体制を作ろうとしたが、誰の協力も取り付けることができなかったということだろう。それが、「遠心力、求心力」という表現に示されている。もともと蓮舫氏が代表に選ばれたのは、“選挙の顔”としてであった。だが期待された東京都議選では、次々と脱党者を生み出し、惨敗を喫したため、“選挙の顔”にはならないと党内で見切りをつけられてしまったということだ。

 蓮舫氏が、民主党時代も、民進党になってもスター議員であったことは間違いない。参院東京選挙区で3度の当選を重ねてきたが、最初は90万票台だったが、その後の2回はいずれも100万票を超えている。3回の選挙ともに民主党、民進党は2名の候補者を立てており、その中での100万票超えというのは、圧倒的な強さを誇ってきたということでもある。

 この人気には、蓮舫氏も自信を持っていたはずである。民進党の代表になって、自民党に代わる政党にしていくために、情熱を持って取り組んだはずである。だが挫折してしまった。この喪失感は小さくないはずだ。

 その蓮舫氏が、はしごを外されたような形で辞任に追い込まれてしまった民進党に対して、これまでのように愛着を持てるのだろうか。当初、代表を続投する意向だった時には、東京の衆院小選挙区への転身を表明していた。だがそれも取り止めになった。民進党内での居場所も難しいものになっているということだろう。

 昨年の参院選挙の前には、都知事選挙への立候補も取り沙汰された。枝野幸男当時民進党幹事長も期待の声を上げ、蓮舫氏も真剣に模索していたが、結局、立候補しないことになった。この際には、「まだ国政で取り組むものがある。政権交代可能な二大政党制を作りたい」と語っていたが、結局、空回りに終わってしまった。

 蓮舫氏のこの情熱がいまも健在なのであれば、やるべきことは自民党に対峙する明確な旗印を構築することである。民進党には、それが決定的に欠如している。なぜ小池百合子東京都知事が、自民党を圧倒できたのか。自民党東京都連や都議会自民党を「ブラックボックス」と呼び、すべてをオープンにする、都民ファーストに徹するというアンチテーゼを見事に打ち立てた。だから都民は期待しているのである。

 この期待値をどれだけ大きくするかが問われているのだ。それが民進党にできないのであれば、蓮舫氏は、小池氏のように新党を作る、あるいは政界再編を手がけるなどの行動が必要である。その情熱がないのであれば、政界を退くぐらいの決断こそがいま求められているのではないか。

2人の辞任の背景には、両党の危機がある

 安倍首相が守り続けてきた稲田氏の防衛相辞任は、安倍内閣の支持率の急落が背景にある。稲田氏への批判は、そのまま安倍首相への批判でもあるのだ。ここにこの問題の深刻さがある。

 それは自民党全体への失望ともつながっている。先の仙台市長選挙では、自民党、公明党、日本のこころが支持する候補が、民進党、社民党支持、共産党、自由党が支援する候補者に敗北した。普通なら、自公候補が負ける選挙ではなかった。ここにも自民党への批判の強さが示されている。

 つまり安倍政権だけではなく、自民党そのものへの批判の強さが、稲田氏の辞任につながった。

 蓮舫氏も同様である。都議選での惨敗、支持率の低迷が、蓮舫氏の求心力を奪ってしまった。2人の辞任の背景には、自民、民進両党の危機が横たわっているのである。

筆者:筆坂 秀世