完成披露試写会に登壇した福山雅治

 シンガーソングライターで俳優の福山雅治(48)が7月31日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズでおこなわれた、映画『三度目の殺人』(9月9日公開)の完成披露試写会に登壇した。この日は、出演キャストの役所広司、広瀬すず、吉田鋼太郎、斉藤由貴、満島真之介、是枝裕和監督が出席した。

 本作は、福山演じる、勝ちにこだわる弁護士の「重盛」が、死刑がほぼ確実な殺人事件を担当することになり、役所演じる二度目の殺人を犯した「三隅」と繰り広げる法廷を舞台にした心理サスペンス。

 監督には、福山が主演となりカンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞した『そして父になる』の監督・脚本・編集を務めた、是枝裕和氏が務めた。

 吉田は福山と共演するのが今作で初めて。初対面の印象を以下に語った。

 「一番最初にお会いしたときに本読みから入ったんですが、福山さんがね、嫌な奴だなって思ったんですよね(笑)。目を合わせてくれなかったことが一つ。一言も口を聞いてくれなかった。やっぱりスターだからこういう人なんだって思って…。この人とこれから2カ月一緒にやるなんてたまったもんじゃないなって思ったんですが(笑)。おそらく福山さんなりに緊張なさっていたのかなって思ったんですが」。

 これに、福山は次の言葉を返した。

 「もう50も近くになっていうのもあれですけど、基本人見知りなんです…。人見知りっていうのが似合わない年齢にどんどんなっているんですけども。僕の中でも、鋼太郎さん(吉田)は本当に人見知りなんじゃないかなって。人見知りシンクロをしてたというか」。

 互いに人見知りだったのではないかとした。(取材・撮影=橋本美波)