「火星14」型の第2次試射成功を慶祝する牡丹峰楽団、勲功国家合唱団の合同公演(2017年7月31日付労働新聞より)

写真拡大

北朝鮮の平壌の人民劇場で30日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」型の第2次試射成功を祝う牡丹峰(モランボン)楽団、勲功国家合唱団の合同公演が開かれた。朝鮮中央通信が31日、伝えた。

李萬建(リ・マンゴン)、李炳哲(リ・ビョンチョル)の両氏をはじめ、党、武力機関、火星14型の第2次試射成功に寄与した関係者、国防科学部門の幹部らが公演を鑑賞した。

公演は「金正恩将軍に栄光を」から始まり、「栄光を捧げます 朝鮮労働党」、「ピョンヤンがいちばんだ」、「運命の導き手」、「とわにこの道を行かん」、「共和国ロケット兵行進曲」、「一気に(タンスメ)」、「火星砲の歌」などが披露され、「あなたなしには生きられない」、「金正恩将軍に栄光を」で締めくくった。