【衝撃】マジかよ! 昔のテレビゲーム業界にありがちなブラックな出来事8選

写真拡大 (全3枚)

皆さんはテレビゲームで遊んだことがありますか? ファミコン、ピピンアットマーク、メガドライブ、リンクス、ゲームボーイ、プレイディア、プレイステーション4、あらゆるゲームマシンが存在します。最近では、2020年に発売が噂されているプレイステーション5の話題に注目が集まっていますね。

ゲーム業界人に聞いた!!



今回は、テレビゲーム業界で働いていた経験がある業界人にインタビューをし、「昔のテレビゲーム業界にありがちな出来事8選」をご紹介したいと思います。もしかすると、あなたが遊んだことがあるゲームのことかもしれませんね。

ここに書かれることは、あくまでこのゲーム業界人X氏の周辺のゲーム業界のこと。しかも十数年前のことなので、いま、すべての会社がそうだとは限りません。そのあたり念頭に置いてお読みください。ちなみにX氏は、あまりにも夢がない会社に対し、非常にストレスをためながら仕事をしていたそうです。最終的に激怒し、退社。その後は健全なゲーム会社で働いたそうです。



昔のテレビゲーム業界にありがちな出来事8選



1. サービス残業

残業なんてあたりまえ。残業しない日なんてほとんどありません。もちろんサービス残業ですから、いくら働いても時間に比例してお金が増えることはありません。

これがフレックスタイム制なら良いのですが、たとえフレックスタイム制だったとしても、いろいろと他のスタッフに気を使って「結局残業しているような展開」になっていることもあるのだとか。

2. なによりも納期重視

納期がもっとも重視されます。発売を延期できる会社は、お金がある会社です。もしお金がないのに発売が延期しているとしたら、それは「開発が止まっている」と考えてよいです。延期には莫大な費用が必要となるからです。

3. クリエイティブ性の放棄

納期重視のゲームは、クライアントから「頑張ってよいゲームを作ろうと思わなくていいから」と言われることがあります。「良いデキになるのは嬉しいが、変にクリエイター根性出さなくていいから」とも言われます。なにより、締め切りまでに納品することが大切なのです。デバッグや完成度を高めるなどの行為ができる会社は一部のお金がある会社だけです。

4. 財布を握っているママのご意見が一番

子供向けのゲームは、子供向けの内容に作りつつも、ターゲットは子どものママになります。ママに気に入られるゲームを開発するのです。ですから、メカメカしいゲームよりも、緑色(自然をイメージさせる)が多用されているゲームのほうが空かれるのです。草原や森がたくさん出てくるゲームは、ママに好かれるのです。異様にそういうシーンばかり出てくるゲームは、そういう意図があるかもしれません。

5. キャラゲーはツメが甘いゲームでも儲かる

子ども向けのキャラクターゲームは、たとえつまらないゲームでも一定数は売れるので、赤字にならない堅い商売。バカ売れはしないが、作れば作るほど一定数は売れるので「チョロい商売」と思っていた会社もあったようです。

6. ゲームボーイソフトはクソゲー会社がウハウハ状態

ゲームボーイ系のゲームソフトは比較的簡単に作ることができるので、「儲けだけを考えた儲けだけのためのゲーム」が大量に作られたそうです。納期重視とクリエイティブ放棄の結果、ツメの甘いクソゲーが大量に作られたのだとか。その反面、開発には時間も予算もかからなかったが、名作となったゲームも複数出たそうです。

7. 版権によりゲームタイトルとキャラ名が大幅変更

とある有名PRGの外伝が、いつもとは違うイレギュラーなゲームマシンから発売されることになっていましたが、版権等で合意に至らず、「それっぽいキャラは出るが有名RPGの外伝ではないゲーム」として発売されたことがあります。もしこれが有名PRGの外伝として発売されていたら、ゲーム業界の歴史が変わっていたかもしれません。

8. 子ども向けゲームに卑猥な隠しメッセージ

子ども向けに作られたゲームに、開発者が秘密の隠しメッセージを入れたのですが、それがあまりにも卑猥だったり、下品だったり、プライバシーすぎる内容だったため、隠しメッセージがバレてから大きな問題となりました。



いまのゲーム業界は健全!?



テレビゲームは人々に夢を与える素晴らしいエンターテインメントです。ですが、開発の場によっては「夢なんて言ってられねえ!」という状況の事もあったようです。

できれば、開発も楽しく、そして匠の腕により進めてほしいものです。もちろん、開発スタッフが健康で満足できる環境下で仕事を進められることが前提です。

■執筆・監修:Mr. Fox

執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/