準々決勝以降の組み合わせが決定し、取材に応じる各チームの選手たち

写真拡大

 JリーグのYBCルヴァン・カップ準々決勝の組み合わせ抽選が31日、東京都内で行われ、2連覇を狙う浦和はリーグ首位のC大阪との対戦に決まった。G大阪は神戸と、FC東京は川崎と、鹿島は仙台とそれぞれ対戦する。準決勝まではホーム&アウェー方式で、決勝(11月4日・埼玉)は一発勝負。準々決勝は8月30日と、9月3日に行われる。

 MF武藤が連覇を誓った。昨年に続いて抽選会に参加。「去年も来て優勝した。その直後に『また次もお前だな』と言われたので、来年も来られるように頑張りたい」。チームはペトロビッチ監督を成績不振のため解任するなど、非常事態にあるが「チームが苦しい状況でもタイトルを取られるようにしたい」と連覇を見据えた。