TRIGGER×A-1 Pictureの強力タッグ! (C)ダーリン・イン・ザ・
フランキス製作委員会

写真拡大

 「キルラキル」「リトルウィッチアカデミア」を生み出したアニメーションスタジオのTRIGGERと、「アイドルマスター」「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」を手がけたA-1 Picturesの共同制作によるオリジナルアニメーション企画「ダーリン・イン・ザ・フランキス」の始動が決定した。作品内容の詳細は発表されておらず、随時明らかにされていく。

 あわせて、同作を制作するメインスタッフが公開。監督に「アイドルマスター」の錦織敦史を迎え、「GRANBLUE FANTASY The Animation」でキャラクターデザインを務めた赤井俊文が副監督として名を連ねる。シリーズ構成はゲーム「シュタインズ・ゲート」の林直孝が、錦織と連名でクレジット。さらに、キャラクターデザインと総作画監督として「君の名は。」の田中将賀、メカニックデザインとして「ベイマックス」のコヤマシゲト、アクション監督として「キルラキル」の今石洋之が担当するという、そうそうたる顔ぶれが集結した。なお、錦織、赤井、田中、コヤマは、今石が監督を務めた「天元突破グレンラガン」でも、ともに作品に携わった間柄だ。

 また、発表にともないオープンした公式サイトでは、田中による描きおろしティザービジュアルや、約2分間のティザープロモーションビデオが公開されている。ティザーPV内には「キミを味あわせて――」や「ねぇ、ボクに乗ってみない?」「名前のないコドモたち」「比翼の鳥」「鳥かごの日々」といったキーワードが登場しており、本編のストーリーを暗示するものとなっている。そのほか、公式Twitterアカウントも開設されている。