果物で独創的なジャムを作る発想のヒントは?菓子研究家・福田里香さんインタビュー

写真拡大 (全5枚)

菓子研究家で、アイスバー「mikaned」のプロデューサーとしても知られる福田里香さん。そんな福田さんの最新刊『季節の果物でジャムを炊く』(福田里香 著・リットーミュージック)は、見ているだけでも口の中においしさが広がるジャムのレシピ本です。
幅広く楽しめる果物を使った独創的なレシピ

一番ベーシックだと言うイチゴジャムに始まり、梅やラズベリーのジャム、また白桃にラベンダーの花で風味をつけた「白桃とラベンダーのジャム」「キウイとミントのジャム」といった、福田さんならではの独創性あふれるレシピには、ただただ驚くばかり。また、おすそ分けするときのラッピングについてもヒントが載っており、料理が得意な人にもそうでない人にも楽しい一冊です。

スイーツ作りだけでなく、ラッピングに関する本を手がけ、さらに食べ物が登場するマンガやアニメ、映画などを通して、独自のアイデア「フード理論」を展開するなど、さまざまな角度から食べ物にアプローチする福田さん。先日行われた『季節の果物でジャムを炊く』のイベント終了後、果物の魅力やジャムづくりの楽しさ、そして「フード理論」などについてうかがいました。
菓子研究家の第一歩は「ママレンジ」
ーー福田さんがお菓子に興味を持ったのはいつごろですか?
子どものころですね。当時、「ママレンジ」というホットケーキが焼けるおもちゃがあって、それを使って自分で作ってみたのがきっかけです。その後、家にオーブンがやってきて、クッキーやパウンドケーキを焼いていましたね。
ーーそれはご家族と一緒に?
いいえ、お菓子作りの本を買ってもらって一人で作ってました。それが高校生ぐらいまで続いたんです。
ーー大学に入ってからは?
上京して美術大学に通うようになり、キッチンが狭かったり、お金も余裕がなかったりして、お菓子作りはなかなかできませんでした。でも、クリスマスなどには友達とお金を出し合って、普段は買えないものを食べながら楽しく過ごしてましたね。果物専門店「新宿高野」や青山の紀ノ國屋、ナショナル麻布などで扱っていた、ちょっと値の張る輸入食材も買いに行きましたよ。
「新宿高野」で知った果物の奥深さ

ーー大学卒業後、新宿高野に就職するわけですが、今、ジャムづくりをしたり、旬の果物を作ったお菓子づくりをしたりするのは、やはり果物専門店で働いたことが関係していますか?
そうですね。その影響は大きいと思います。今回の本で取り上げたジャムは、煮るという行為がとても面白いと思っています。心を整えることにもつながって、気持ちが整理される気がするんですよね。もしかしたら、手芸に打ち込むのと似ているかもしれません。
ーーそんな果物に魅せられた福田さんが、「本を出したい」ということで新宿高野を辞めるわけですが、出したかったのはお菓子の本なんですか?
そうです。ちょうど、大学のクラスメートだった少女小説家・小林深雪さんが、自分の本に出てくるお菓子のレシピ本を出すことになり、声をかけてもらいました。それで、編集とスタイリングを担当したんです。デザイナーも大学のクラスメートの茂木隆行さんで、親友と一緒にデビュー作を出すことができました。
ーー今回の『季節の果物でジャムを炊く』も含め、福田さんが作るものは材料の組み合わせが独特ですね。どういうところからヒントを得るんですか?
過去に食べた記憶や旅行、それにマンガでしょうか。例えば、イチゴジャムは大島弓子さんの『いちご物語』で、主人公が胸のところでイチゴをつぶしてしまうシーンが出てくるんです。そういう、直接メニューが出てくるわけではないけれど、胸のあたりでイチゴがつぶれたときの様子、といったいろいろな作品に登場する様々な場面のイメージが集積され、それが私のレシピにつながっています。