(大西礼芳オフィシャルブログよりスクリーンショット)

 人気グループ・TOKIOの長瀬智也(38)主演のTBS系日曜劇場『ごめん、愛してる』(毎週日曜よる9時〜)に出演している女優の大西礼芳(27)が30日、自身のブログを更新。

 同ドラマは、2004年に韓国KBSテレビで制作され、『冬のソナタ』を超える大ヒットを飛ばした恋愛ドラマを、現在の日本に舞台を移し、リメイク。主人公・岡崎律(長瀬)とひょんなところから出会う運命の女性・三田凛華(吉岡里帆)、かつて自分を捨てた母親・麗子(大竹しのぶ)、麗子が溺愛する息子で凛華が恋心を寄せるサトル(坂口健太郎)という二つの三角関係が切ないラブストーリーを展開する。大西は、天才サックス奏者の古沢塔子役を演じる。

 第4話放送を前に「CUBE」と題して更新されたブログでは、「私の拙いルービックキューブを披露します。」と、真剣な表情でルービックキューブをしている動画を公開。約40秒で揃えると最後には黄色の面にドラマタイトル『ご』『め』『ん』『愛』『し』『て』『る』『21時』『OA』と手書きでドラマの宣伝。大西は、「残念ながら愛してるの爐鍬瓩ひっくり返りました。今夜、9時から「ごめん、愛してる」観てください。」と綴った。

 ファンからは、「ルービックキューブ凄いですね!!」「さりげなく番宣〜〜」「お見事!かっこいー!」「最後の表情が愛おしい」などの声が届いている。