EntamePlex

写真拡大

ロックバンド:GLAYが31日、青海南臨時駐車場 J区画にて14thアルバム発売記念フリーライブ「TOKYO SUMMERDELICS」を開催した。

GLAYが都内でフリーライブを行うのは今回が初の試み。

ニューアルバム「SUMMERDELICS」のリリース直前から公式HPで謎のカウントダウンが行われ、本日10時に数字が0となった瞬間フリーライブ開催の情報が解禁となった。突然の発表にも関わらず、青海南臨時駐車場 J区画の特設会場には約1万人が集結した。



予定時刻になると会場にSEが鳴り、メンバーが順にステージへ。

ニューアルバム収録の『the other end of the globe』からスタートすると真夏の野外ステージを楽曲が持つ壮大なサウンドで包み込んでいった。

会場のボルテージが高まる中、立て続けにニューアルバム収録の『Scoop』を披露。

JIRO作曲のパンクナンバーが会場を刺激し、真夏の客席はさらに“熱く”なった。

7月31日は18年前にGLAYが20万人を動員した「GLAY EXPO'99 SURVIVAL」を行った日。

TERUは「幕張のライブを行った18年後、またこうやって野外ライブが出来て幸せです」と語り、「GLAY EXPO'99 SURVIVAL」の時も演奏した往年の名曲『HOWEVER』を披露。

その後も新旧織り交ぜたナンバーを披露し、会場のボルテージは最高潮へ。そして、ライブの最後はニューアルバム収録『XYZ』を披露。疾走感に溢れたロックナンバーが真夏の青空に響いた。



演奏終了後も真夏の野外会場の熱はおさまらず、鳴り止まないアンコールの声援が広がった。

声援に応え、メンバーが再びステージに登場すると会場からは割れんばかりの歓声が沸きおこった。

JIROは「こうやって野外でやると幕張のライブを思い出す」と語り、アンコールでは名曲『生きてく強さ』を披露。サビは会場全体で合唱となり、真夏のフリーライブ「TOKYO SUMMERDLICS」は幕を閉じた。

9月からは23公演、23万人動員のアリーナツアーを行うGLAY。今回のライブでもTERUは「アリーナツアーは様々な準備を進めているから、楽しみにしていて欲しい!」と語り、ステージをあとにした。