7月31日放送の「しゃべくり007 2時間SP」(日本テレビ系)で、元横綱・貴乃花親方の息子で靴職人の花田優一氏が、家族内の意外なスキンシップを明かし、出演者を驚かせた。

番組ではゲストの花田氏が、知られざる花田家のルールについて語った。中でも「花田家の教え 妹を大切にしろ」というトークテーマで花田氏は、父親がほとんど家にいない環境だったこともあり「妹が一番」という考え方で「何か迷ったら、妹のためだと思ったら、どっちの方向にいくかを考えろ」と、妹たちを優先する考え方だったことを明かした。

花田氏は、自身に対してはあまりにも厳し過ぎたという父親の貴乃花親方も、高校2年生と中学3年生の妹たちには「めっちゃ優しい、ずっとチューしてます」とバラし、笑いを誘った。

そんな花田氏も妹たちとのキスをするというが、自身からではなく妹のほうから口にキスをしてくるのだとか。ほかの出演者から驚きの声があがると、花田氏は「それでケンカして別れた彼女がふたりぐらいいます」と告白。

花田氏によると、付き合った女性に「(自分にとっては)妹が一番だから、妹にとっても(あなたは)最高の人だと思ったから付き合ったよ」と伝えていたそうで、最初のうちは喜んでいた女性も次第に不満となり、別れる原因になってしまったという。

【関連記事】
貴乃花親方 修行中の息子・優一氏を一喝した過去「お前に帰る場所はない!」
松村邦洋 貴乃花親方との良好な関係を語る「お弟子さんには厳しいです」
貴乃花親方の息子・花田優一氏が母・景子さんの手紙で大号泣した過去