監督がスタジアムで刺される…しかも首謀者はクラブ内部に?

写真拡大

『Le Xpression』は31日、「ASMオランの監督を務めるサーラム・ラウフィ氏が、スタジアムに駐車場でファンに刺された」と報じた。

事件が発生したのは金曜日、ASMオランの本拠地であるスタッド・ハビブ・ブアクルの駐車場。

開幕を来月に控えたチームは、本拠地で練習を行う予定となっていた。しかし駐車場に選手や監督が到着したところ、そこで不審者の集団に襲撃されたとのこと。

標的となったのは監督のサーラム・ラウフィ氏で、彼は不審者によってナイフで刺されることとなり、腎臓を損傷する大怪我を負ったようだ。

その際に選手たちは暴行を止めようとしていたものの、催涙ガスの噴霧を受けたため介入に失敗しているという。

幸いにして病院に運ばれたサーラム・ラウフィ氏の命に別状はないことが確認されている。

しかも報道によれば、この襲撃にはクラブのディレクターが関わっている可能性があるとのこと。

この日の午前中にはサーラム・ラウフィ氏と口論していたことが確認されており、ディレクターが襲撃のメンバーに入っていたとも…。

ASMオランは1991年にアルジェリアリーグ2位になったこともあるクラブであるが、昨季は1部で最下位となり降格している。