【男性心理を解説】好きな人に避けられる……男性から嫌われたと感じる理由と対処法

写真拡大

好きな男性からなんだか避けられている……。昨日まではお互いいい関係だったはずなのに、突然好きな人から避けられていると感じ、もやもやしてしまうことってありますよね。その原因や男性心理がわからないと、どう対処していいかもわからないもの。そこで今回は、男女の心理にくわしい心理コーディネーターの織田隼人さんに、好きな男性から避けられていると感じる女性に対し、男性心理と、女性が取るべき対処法について具体的なテクニックを教えてもらいました。

■好きな人から避けられる理由とは?

好きな男性となんだかいい雰囲気だったのに、なぜか最近避けられているように感じるとき、どうしたらいいのでしょうか? まずは、好きな人から避けられる理由について探ってみました。

◇(1)相手がただ単に人見知りのケース

人間関係の構築が得意な人もいれば、人見知りの激しい人もいます。好きな人がただ単に人見知りが激しくて、それでまだあなたに馴染んでいないので、あなたが避けられているように感じてしまっているという可能性があります。

◇(2)相手が忙しくて人の相手をする時間がないケース

仕事や勉強や趣味などに忙しくて、ほかの人間関係をゆっくりと作っていく余裕がないケースでも避けられてしまうことがあります。相手の男性は避けているという意識はなく、ただ単に忙しいので人間関係に力を注ぐ時間がない、というだけの感覚のことが多いです。

◇(3)相手を意識して避けてしまうケース

相手の女性のことが好きだったり、もしくは苦手だったりで「意識」してしまうがゆえに会話を避けてしまうことがあります。どちらにしても意識的に会話をしないでおこう、としていて相手を普通以上に意識してしまっていることが多いです。

◇(4)まわりからよくない噂を聞いているケース

「あの人はちょっと闇があるから近づかないほうがいいよ」といった悪い噂を聞いてその先入観で避けているケースもあります。こういう場合はあまり気にせずに普通に接していけば、徐々にその先入観は消えていき、普通に接してくれるようになります。

◇(5)恋愛を発展させないでおこうとしているケース

ほかに彼女がいたり、話しかけてくる女性のことが好きじゃなかったり、職場恋愛などが起きないように意識していたり、といった風に意識的に恋愛が進まないように調整している男性もいます。そういう男性は意識的に、ちょっとでも恋愛の空気を読み取ると避けるようになります。

◎好きな人から避けられる理由5つ

(1)相手がただ単に人見知りのケース
(2)相手が忙しくて人の相手をする時間がないケース
(3)相手を意識して避けてしまうケース
(4)まわりからよくない噂を聞いているケース
(5)恋愛を発展させないでおこうとしているケース

■3つの避けパターン「好き避け」「嫌い避け」「ごめん避け」

男性はさまざまな理由から避けていることがわかりました。好きで避けているのか、嫌いで避けているのかでも、対処法はちがうもの。ここでは、「好き避け」「嫌い避け」「ごめん避け」の見分け方を紹介します。

◇好き避け

好きだけど、自分のいいところを見せるのが難しくて、「恥ずかしい思いをしたくない」という思いのほうが強くなってしまい、避けてしまうことがあります。この場合、恥ずかしそうにしているかどうかを確認しましょう。

好き避けの見分け方

恥ずかしそうにしている

◇嫌い避け

嫌いな相手だから避けているケースです。傷つく言葉をかけられたりして、それで嫌いになってしまい、できる限り会話をしないでおこう、という避け方をしています。関係を修復するのは難しいのでそっとしておくのが一番です。

嫌い避けの見分け方

できる限り会話をしてこない

◇ごめん避け

相手に好意を持たれているのを気づいた上で「その好意に答えられない」と思って避けているケースです。好意をあからさまに示したあとに避けられている場合は、このケースが多いです。この場合も、関係を修復するのは難しいので、1カ月くらい距離を取りつつ、そのあとあなたの好意自体が消えたくらいに普通に話すような関係にじわじわ戻しましょう。

ごめん避けの見分け方

自分が好意を示したあとに、相手から避けられる

■好きな人から避けられたと感じたときの対処法

好きな人から避けられたと感じた場合にはどうすればいいのでしょうか? 女性の取るべき対処法をまとめてみました。

◇(1)まずは積極的に話しかけてみる

まずは積極的に話しかけてみましょう。というのも、好き避けなのか、そうじゃないのかを見極めるためです。

話しかけた上で相手が恥ずかしそうにしているのか、それともあからさまに会話をしたくなさそうなのかを見極めましょう。

恥ずかしそうにしている場合は、好き避けの可能性が高いので、積極的に話しかけるのを続けましょう。

◇(2)会話以外の方法を取ってみる

会話以外の方法、たとえばLINEなどで連絡を取るのもよいでしょう。目を見て話すのが苦手だけれど、LINEでの会話では元気になる男性も多いです。

もしLINEでは元気にトークできるようでしたら、会話が苦手なだけなので、LINEでのコミュニケーションを中心にして、そちらで仲よくなるようにもっていきましょう。

◇(3)ダメな場合は諦める

会って会話をしてもダメだし、LINEでもダメ、FacebookやほかのSNSなどでコメントを入れてもダメ、という場合は相手からは「好きじゃない」と思われています。この場合は、いくらがんばっても好きになってもらえる可能性は低いので、諦めてしまったほうがよいでしょう。

恋愛はうまく行くことばかりではないですし、ダメな場合には次の男性を探す努力も必要です。ほかにもいい男はいる! と思って気持ちを切り替えましょう。

◎好きな人から避けられたと感じたときの対処法3つ

(1)まずは積極的に話しかけてみる
(2)会話以外の方法を取ってみる
(3)ダメな場合は諦める

■まとめ

好きな人から避けられた場合には、「好き避け」「嫌い避け」「ごめん避け」のパターンがあり、それぞれを見極めて対処することが大事なんですね。それでもダメな場合は、潔く諦めて次の恋愛に行くのも手。幸せな人生を送るために、後悔しない恋愛をしたいものですね。

(監修:織田隼人)

※画像はイメージです