チョ・ヒョンジェ、日本のファンに宛てた自筆の手紙を公開「10年間愛してくれてありがとう」

写真拡大

俳優チョ・ヒョンジェがファンに送る自筆手紙を公開した。

31日、彼が所属しているWellsエンターテインメントは公式SNSを通じて、17日に東京で開かれた日本単独ファンミーティング「君がいる夏、CHOHYUNJAE FANMEETING」でファンに直接伝えた手紙の全文を公開した。

公開された手紙でチョ・ヒョンジェは、「日本で初めてのファンミーティングを開催してから10年が経ちましたね。これまでファンミーティングに来てくれた方も、本日初めて来られた方もいらっしゃると思います。満足していただけましたか? もう気になります」と話を始めた。

彼は続いて「いつも皆さんの愛がどれほど大きく、大切な力になったのか感じることができました。言葉では表現できないほど、感謝しています。今までずっと僕と僕の家族、僕が飼っている犬まで愛してくれました。また、応援していただいたので、今回は僕の真心を伝えるために手紙を書いてみました」と話した。

最後に「皆さんの愛を忘れず、引き続き努力し、着実に成長できる俳優になります。こうやって僕たちが共感し、良い思い出を作れたことに感謝します。ファンミーティングというより、昔からの友人に会う感じもしますね。ありがとうございます。愛しています」と伝えた。チョ・ヒョンジェの自筆手紙からはファンに対する彼の格別な愛情が感じられる。

特にファンミーティングの時、ファンに感謝の気持ちを伝えたくて直接書いた手紙を読み上げていたチョ・ヒョンジェは、胸がいっぱいになって涙を見せた。後日の出会いを約束する彼の姿からは、彼の真心がそのまま伝わると現場にいるファンも涙を見せ、ファンミーティングは、しばらく中断されたという。

11回目の単独ファンミーティングを盛況裏に終了したチョ・ヒョンジェは、アジアファンミーティングツアーを続ける予定だ。