フィリピン南部バシラン島の村で、爆弾を製造する工場の捜索後に押収された、爆破装置やイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」と共通の黒旗(2015年5月16日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】フィリピンの警察当局は31日、同国南部を拠点とするイスラム過激派の戦闘員が、地元の伐採業者7人の首を切断して殺害したと明らかにした。戦闘員らは先週、7人を拉致していたという。

 地元警察の署長はAFPに対し、バシラン(Basilan)島の山地にある村で30日、伐採業者7人の遺体が発見されたと明らかにし、同地を拠点とするイスラム過激派組織「アブサヤフ(Abu Sayyaf)」の一派による犯行との見方を示した。

 この一派は身代金目的の拉致を繰り返しているが、警察署長によると今回の被害者らは、ビジネス上の争いにより拉致、殺害されたとみられるという。

 警察署長は、自分のゴム園が荒らされたのを伐採業者らの責任だと考えたアブサヤフの幹部の一人による「復讐行為」の可能性があるとし、「拉致した犯人らは身代金を要求しなかった一方で、すぐに伐採業者らの首を切断した」と語った。
【翻訳編集】AFPBB News