31日、おぎやはぎの小木博明と矢作兼がAbemaTV(アベマTV)でMCを務めるトークバラエティ『おぎやはぎの「ブス」テレビ』(毎週月曜21時〜)が放送され、ゲストにアイドルグループSKE48の「可愛くない方のあかりん」こと須田亜香里が登場。昨年の総選挙で7位、今年は6位と、2年連続で“神7”入りを果たしているにも関わらず、インターネット上で受けている冷遇を嘆いた。

 須田は「もともとは可愛いと思って加入したけど、露出が増えるにつれ、インターネットでの検索ワードが『なぜ人気?』『可愛くない』になった」と語り、総選挙での神7入りは握手会の神対応によるものと説明した。

 NMB48の吉田朱里のあだ名がカタカナの「アカリン」のため、「私は平仮名の『あかりん』なんですけど、あだ名がかぶってしまい、可愛くない方と言われるようになった」とのこと。あだ名かぶりのために起きた悲しい事件として、「柏木由紀さんが平仮名とカタカナを間違えて『あかりん可愛い』とツイートしたら、ファンの方から『そっちじゃない』とブーイングがたくさん来て、『ごめんなさい、カタカナの方です』って弁明していた」と切ないエピソードを告白。それでも須田は「元祖あかりんとして8年やってきたから、あだ名を譲りたくない」と強いこだわりを覗かせた。

 そんな須田に対し、おぎやはぎの2人は「ブスが譲るべき」「そうだよ」と辛らつな発言。「握手会だけでのし上がってきたんだね」「頑張ればどうにかなるんだな」と感心しつつ、「ファンとヤッたりはしてないの?」「ブスがのし上がるにはファンと……」と質問を重ねた。須田が「握手しかしてません!」と断固否定すると、「性行為とかはしてないのね」と確認しつつ、「限りなく性行為に近い握手をしてるんだろうな」「握手がうまいんだろうな」「じゃないと上位行けないもんな」とサイテーな発言で納得していた。

(c)AbemaTV