真に受けちゃダメ!不倫男が「不倫関係を続けるために口走る甘いセリフ」5パターン

写真拡大

「いつか私に振り向いてくれるかも」「もしかしてチャンスなんじゃない?」
不倫相手の男の言葉に淡い期待を抱いては裏切られ、振り回され続ける。

そんな負の無限ループに陥らないために、不倫男性がよく口走るセリフを徹底的にリサーチしましょう!

●(1)「君と一緒にいると落ち着く」

『奥さんよりも私といる方が楽しいという意味だと思って嬉しくなる』(30歳/IT)

どうしても奥さんを比較対象にしてしまう女性は、「これって私といる方がいいって意味かな」と自惚れてしまいがち……。
ですがちょっと待ってください。

それって「離れて行く不安がないから」って言う意味に捉えられない?
甘い言葉に踊らされていたら、いつまでたっても都合のいい2番目の女のままです。

●(2)「家にいたくない。君と一緒にいる方が幸せ」

『私の方が上なのかなって思うけど、実際は違うんだよね……』(27歳/美容師)

こんな言葉を耳元で吐かれた日には思わず「私も」って目をハートにさせてデレデレしてしまいそうです。
でも結局、彼は奥さんのいる家に帰ります……。

喧嘩しても、マンネリしても離婚するまでは誰かの夫なのを忘れないでください。
比較対象にされている時点 で貴女はオンリーワンではないのです。

●(3)「今すぐは離婚出来ない」

『今まで何回「今すぐ」と言われたことでしょう……』(28歳/広告)

今すぐ離婚できないなら、これからも離婚することはないと思った方がいいです。
「今は無理でもいつかは……!」ってそのいつかっていつくるのでしょうか?

期限を約束できない人はいつまで経ってもそのぬるま湯に浸かっていたいタイプ の人間です。
早めに身を引くのが賢明でしょう。

●(4)「もっと早く出会ってたらお前を選んでたのにな」

『言い訳に過ぎないのは分かってるけど、もっと早く出会いたかったな……と悲しくなっちゃう』(31歳/教師)

タラレバ男が切なそうな表情で発するキュンワードに要注意!
「もしも〜たら」なんて曖昧な言葉、所詮は夢物語で終わるのがオチです。

恋愛に早いも遅いも関係ありません。
だって本気で貴女に惚れているなら妻と縁を切るはずでしょう?

●(5)「体の相性良すぎてお前から卒業できない」

『所詮私は体だけの女と言われてるのと一緒なのに、それだけでも求めてもらえるのが嬉しい』(32歳/企画)

付き合う、付き合わないという話において、それぞれ重視することは違います。
体の相性というのはもちろん大切。

ただそれでは「自分だけの女にしたい」という理由にはなりませんよね。
卒業はできないけど進級はしなくていい と思ってるのが不倫男というものです。

<

不倫男性の甘いセリフや、弱さを見せる言葉の数々は「じゃあなんで離婚して私を選んでくれないの?」と問い詰めたくなるもの。
言葉ではなんとでも言えるものです。

本質を見極めるためには彼の態度や行動に注目してみるべきですね。
自分の人生を無駄にしないためにも不倫相手の言葉は基本的に信じてはいけません。

くれぐれも不倫男には気をつけてくださいね!

(文/恋愛jp編集部)