クラウドファンディングから生まれたBluetoothスピーカー搭載のラジオ受信機「Hint」

ニッポン放送およびCerevo、グッドスマイルカンパニーは20日、都内にて「共同開発製品”Hint”完成発表会」を開催し、クラウドファンディングを通じて開発したワイドFM対応ラジオ「Hint BLE Radio」(以下、Hint)を2017年9月初旬に発売すると発表した。

Hintはニッポン放送のアナウンサーである吉田尚記氏が立ち上げたプロジェクトから生まれたラジオ受信機。クラウドファンディング終了後もHintを購入したいという声が多く寄せられたことから一般発売を決定したという経緯がある。

メーカー希望小売価格は22,000円(税別)で、Cerevoやニッポン放送、グッドスマイルカンパニー、ビックカメラ.comおよび全国のビックカメラ、コジマ、ソフマップのラジオ取扱店舗にて9月初旬より販売、すでに7月20日から予約受付も開始している。

今回はラジオの音声からスマートフォン(スマホ)にURLを通知する機能とスマホのBluetoothスピーカーとしても利用できるHintの製品について写真と動画で紹介していく。


クラウドファンディングで生まれたHintのラジオ機能はFM波のみだが、AM放送の補完的放送を行う「ワイドFM」(FM補完放送)に対応。雑音が少ないクリアな音質でAMラジオ局の放送が楽しめる。


ラジオ専用ということで、人の「声」にこだわってチューニングしたという。周波数で言うと400Hz近辺に日本語話者の母音成分あり、音の盛り方・削り方を調整したのだという。これによって離れたところで鳴らした場合でも“声が伸びて聞こえる”ようになったとのこと。


クラウドファンディングではインセンティブとして、提供者を招いてニッポン放送でミニ番組の制作やスタジオ見学ツアーといったラジオ局ならではの要素を盛り込んでいた。

また、Hintの効果音を声優の野島健児さん、中村繪里子さん、田所あずささんの声にした特別なインセンティブもあった。


発表会ではこの特別なモデルを声を担当した野島さん、中村さん、田所さんをゲストに招いて紹介した。

野島さんの音声は、モビルスーツを起動するときのようなイメージ。実はけだるげな音声も収録していたそうだが、実際に聞いてみるとそれではHintがやる気のないラジオに感じられるため不採用になったのたという。

ラジオパーソナリティーも務める中村さんの音声は、番組で声を聞けることからあえてあざとカワイイ路線を狙ったとのこと。

田所さんの音声は、かわいい音声のバージョンも収録したなかから、出身地である茨城県の方言のものを採用。操作の度にひと笑い取れると評判だった。なお、この模様は次の動画で確認できるので、面白ボイスなどを確認してみて欲しい。

【Hint記者発表会とHintの実機を動画で紹介】

動画リンク:https://youtu.be/odxy7XZ14cw


Hintは、ラジオやBluetoothスピーカーとしての利用以外に、放送でURLなどをDTMF音として送る「トーンコネクト」機能を受信し、それをURLに変換してBLE(Bluetooth Low Energy)のビーコンを用いたグーグルの規格「Eddystone」で近くのスマホに通知する機能を搭載する。

Androidはもちろんだが、iOS端末でもグーグルの「Chrome」ブラウザーをインストールすることで設定可能となる。


会場ではこの通知機能のデモが行われ、Hintから数メートル離れた記者席でもURL通知を受けることができた。これによって、ラジオから直接webサイトやSNSへの誘導、地図情報の送信などが可能となる。

この機能はニッポン放送では将来的に本放送での活用を予定、検討しているとのこと。


Hintは高さ29.7cm、幅・奥行きともに8cm、重さ約1075g。部屋のどの場所に置いてもクリアな音声が楽しめる無指向性スピーカーを搭載。離れた窓際に置いても聞き取りやすい音声でラジオが楽しめる。一般販売されるのは左の「フロストシルバー」と「ブラック」の2色、右の「ゴールド」はクラウドファンディング限定モデルだ。


上部にはボリュームとチューニング用のダイヤルを装備。チューニングは手動のほかにオートチューニングも可能だ。スピーカー用の空間部分にはLEDを搭載し、緑の場合はラジオ、青の場合はBluetoothスピーカーで動作していることを示す。


上部にはスイッチがあり、長押しで電源オフ、タッチで機能切替ができる。デジタル表示部は、ラジオの周波数および音量を表示する。


下部にはイヤホン、ライン出力用の端子と充電用のmicroUSB端子がある。


電波の入りが悪い場合は付属のRFアンテナを接続して使う。また、Bluetooth以外にLINE INからの音声入力も可能だ。

ラジオ局が作った声にこだわったラジオ受信機は、ワイドFM以外にスマホから「radiko.jp」を音声出力して、聞きやすいいい音で楽しむと言う使い方もできる。機種変更した前の機種をradiko用に使うのも良いのでは?

【ワイドFM対応】 ホームラジオ & Bluetoothスピーカー Hint [ヒント] BLE Radio (ブラック) HRS-DT01(K) ※AM放送非対応 [エレクトロニクス]
Cerevo



記事執筆:mi2_303


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・ニッポン放送、Cerevo、グッドスマイルカンパニーが共同開発したラジオ 「Hint BLE Radio」一般発売 | Cerevoからのお知らせ