井浦秀夫『刑事ゆがみ』1巻表紙

写真拡大

連続ドラマ『刑事ゆがみ』が10月からフジテレビ系で放送される。

【もっと画像を見る(3枚)】

同作は、現在『ビッグコミックオリジナル』で連載されている井浦秀夫の同名漫画を原作にした作品。先入観にとらわれることなく人の心の奥底に潜む闇を鋭く観察し、真実解明のためには違法捜査もいとわない刑事の弓神適当と、真面目で強い正義感ゆえに振り回されてしまう後輩の刑事・羽生虎夫がバディを組み、様々な事件を解決していくというあらすじだ。

主人公の弓神適当役に浅野忠信、新米刑事・羽生虎夫役に神木隆之介がキャスティング。浅野と神木は今回が初共演となる。演出はテレビドラマ『ガリレオ』『任侠ヘルパー』『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』などを手掛けた西谷弘。毎回幅広いジャンルのゲストが登場するという。

民放連続ドラマ初主演となる浅野忠信は神木隆之介について「神木君が僕を支えてくれると思います!」、初の刑事役に挑む神木は浅野について「しっかりとお芝居でご一緒するのは初めてなので本当にうれしい気持ちでいっぱいです」とそれぞれコメント。また原作者の井浦秀夫は「えー、弓神刑事の名前は“適当”と言いますが、“てきとー”って本来悪い意味じゃなくて、“いい加減”ということで…白黒極端じゃなく“灰色”…(汗)えー、ドラマでどんな風に料理してもらえるか、すごく楽しみです!」と述べている。浅野、神木のコメント全文はオフィシャルサイトで確認しよう。