【専門家解説】束縛男子に要注意! 束縛する男の特徴と心理とは?

写真拡大

付き合ってみたら、彼氏がものすごく嫉妬深くて束縛が激しく辛かった……などということはありませんか? 束縛は愛情の裏返しと捉えることもできますが、あまりにも束縛が激しいと交際を続けるのが難しくなるケースもありますよね。束縛してくる男性はどんな心理なのか、またどんな特徴があるのでしょうか。今回は、男女の心理にくわしい心理コーディネーターの織田隼人さんに、束縛彼氏になりそうな男性の特徴や男性心理について具体的に教えてもらいました。

■嫉妬深い! 束縛男子の特徴5つ

彼女への愛が強いからかもしれませんが、束縛男子に束縛される側は辛く疲れてしまうことも多いもの。まずは束縛男子にはどんな特徴があるのかを押さえておきましょう。

◇(1)友だちと一緒にいると伝えているのに電話してくる

予定内容をしっかりと彼に伝えてあるのにもかかわらず、本当かどうかを確認するために電話をしてきたりします。また、その予定に参加している友だちが本当にいるのかどうかなどもその電話で確認をとってきたりします。

◇(2)男性の参加する飲み会に行くなと言う

男性が参加する飲み会は合コンでなくても行くな、と言ってきたりします。職場の飲み会など、どうしても男性が参加せざるを得ない場合であっても、参加するのを彼が反対したりします。

◇(3)電話に出なかったりLINEの返事をしていないと、連続して連絡を入れてくる

彼からの連絡が来たときにはその場で反応しないと彼がドンドンしつこく連絡を入れてきて、返事をしなければしないほどしつこくなってきます。また、電話に出なかったことや返事をしなかったことについて怒ってしまったりもします。

◇(4)服装に必ずチェック! 特に露出はNG

ほかの男を誘惑する服装だ、と彼が感じる服装で外出しようとするとNGを出されてしまいます。誘惑する気がなくても「ほかの男があなたに興味を持つ」こと自体を許したくないので、露出はダメ出し。また、いわゆるかわいい服装であってもNGを出してくることがあります。

◇(5)スマートフォンをチェックする

こちらは本当に多いですが、スマホをチェックしてきます。LINEなどのSNSを全部確認して、連絡先を保管している男性と連絡を取っていないかかなどをチェックします。

◎こんな特徴があったら、あなたの彼は束縛男子かも!?

(1)友だちと一緒にいると伝えているのに電話してくる
(2)男性の参加する飲み会に行くなと言う
(3)電話に出なかったりLINEの返事をしていないと、連続して連絡を入れてくる
(4)服装に必ずチェック! 特に露出はNG
(5)スマートフォンをチェックする

■だから束縛してしまう! 束縛男子の心理3つ

束縛男子はどうして、彼女のことをそこまで束縛してしまうのでしょうか。続いて、束縛男子の心理に迫ってみました。

◇(1)自分に自信がない

自分に自信がなくて「ほかの男に負ける」と考えています。なので、彼女をとられないためには「彼女をほかの男性から遠ざける」ことが彼女の心をつなぎ止める一番の方法と考えてしまいます。

◇(2)過去のトラウマを今の彼女に投影している

過去にひどくふられた恋愛をしたとか、子どものころの裏切られたトラウマなどを背負っていてそれを今付き合っている彼女に投影していることがあります。この場合、彼女はまったく悪くないのですが、彼は自分の経験を元に考えてしまうのでつい疑ってしまうのです。

◇(3)ひどい嫉妬が止まらない

場合によっては男性アイドルが出ているテレビを見ていただけでも嫉妬心を向けられていることがあります。ヤキモチの度合いが大きくなりすぎて、彼女がほかの男性に何かしら気を向けたらそのすべてにヤキモチを焼いている状態となってしまっていることも。

◎束縛男子の心理状態まとめ

(1)自分に自信がない
(2)過去のトラウマを今の彼女に投影している
(3)ひどい嫉妬が止まらない

■彼氏が束縛男だったら……ケース別・女性が取るべき対処法

あなたの彼氏が束縛男で、度をこえる束縛にあなた自身が悩んでいるなら、下記を試してみてください。束縛されるのは嫌だけど“好きで付き合い続けたい”と思っている場合、彼氏の束縛に困っていて“もう別れたい”と思っている場合、それぞれについて、女性の取るべき対処法を紹介します。

◇付き合い続けるなら……

まず、彼の嫉妬心と向き合うことからはじめる必要があります。どうしてそれほど嫉妬するのかを確認して過去のトラウマなどを取り除いてあげましょう。

また、「私は裏切らないよ」と言って彼を安心させてあげることが必要です。安心させてあげるときにはハグして、温かく包み込んであげるといいでしょう。

◎束縛彼氏と付き合い続けるときのポイント

・束縛彼氏の過去のトラウマを取り除いてあげる
・束縛彼氏をハグなどして安心させる

◇別れるなら……

束縛彼氏から強い嫉妬をずっと向けられると、どうしても疲れてしまうものです。しかも、嫉妬からの疑いの眼差しに対して「そんなことをしていない」と毎回否定するだけでも心が疲れてしまいます。これを繰り返されると“別れたい!”と思うことも多いでしょう。

こういう場合は、別れたほうがよいですが、別れる際には「友だち」を何人か味方につけて、その友だちに相談しながら別れをすすめたほうがよいです。別れを切り出すときに友だちにも同席してもらい、そして冷静に友だちからも説得してもらうなどして、彼がストーカーになるのを防ぎましょう。

彼にとって必要なのは「納得」なので、あなたが別れたいという気持ちとあなたの友だちが彼に「そんなことをしていたら嫌われて当然」という状況を冷静に伝えて彼を納得させると、うまく彼と別れることができます。

◎束縛彼氏と別れるときのポイント

・別れる際には複数の「友だち」を味方につける
・束縛彼氏に別れの原因を納得させる

■まとめ

幸せな恋愛がしたいのに、束縛彼氏に苦しめられているのでは辛すぎますよね。束縛男子の特徴や心理を押さえて、それでも付き合っていくのか、別れるのかをジャッジし、対処法を試してみましょう。本当に心から幸せと思えるような恋愛をしてくださいね。

(監修:織田隼人)

※画像はイメージです