ケニー・オルテガ監督とMiracle Vell

写真拡大

ディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービー『ディセンダント2』が10月に日本で初放送となるが、それに先駆けて、7月31日(月)に都内で囲み取材が行われ、監督のケニー・オルテガと、今回スペシャルサポーターに就任した、女子中高生を中心に圧倒的支持を集めている新世代のガールズアイコンMiracle Vell Magic(以下、ベル)が登壇した。

まずはオルテガ監督が、続編製作の経緯について語った。「日本を含め、世界中から続きを見たいという声を多くいただきました。お馴染みのロスト島やオラドンでの活躍をもう一度見たいとか、新キャラクターに登場して欲しいとか。クリエイターがそれらに耳を傾けて作ったんです」

さらに、『ディセンダント』における一番大事なものは"テーマ"であると断言。「ダンスや音楽、演技が素晴らしいのはもちろんなのですが、"自分を、そして他人を受け入れること"や"勇気を持つこと"といったテーマこそ本当に伝えたいことなんです。物事をきちんと見つめ、自分自身を信じて欲しい、という私の思いが込められています」と力強くコメントした。

一足早く『ディセンダント2』を視聴したベルは、本作の見どころについて「まずは音楽。そしてオルテガさんが振付を担当した唯一無二のダンスです。特殊効果や大道具に頼らず、人の力だけであんなに凄いものができるなんて!」と、声を大にしてアピール。加えて、「"自分らしく"ってシンプルだけどすごく難しい。でもこの映画を見て、等身大でいることの大事さとか、それぞれの違う輝きを受け入れることを学んで、勇気をもらいました」と感想を述べた。

1作目に続いてメガホンを取ったオルテガ監督が「みなさんの期待に添えるよう作りました」と自信を持って贈る『ディセンダント2』は、日本では10月にディズニー・チャンネルにて日本初放送となる。詳しい放送スケジュールなどは後日発表され次第お伝えしたい。(海外ドラマNAVI)