お金は絶対貸しちゃダメ!”彼を好きすぎる女子”がやりがちなNG行動

写真拡大

好きな人が出来るとその人の事しか考えられなくなり、仕事などにも支障をきたしてしまう人がいます。
そんな恋愛体質の女性は一度、彼に対しての態度を思い返してみましょう。

今からあげる5つの事例に、当てはまってしまった場合は要注意です。

●(1)彼に合わせすぎる

『自分の生活より僕のことを優先されると自分の人生を生きてないように見えて、重く感じますね』(29歳/企画)

日頃の自分の時間を犠牲にしてまで彼に合わせてしまう女性がいます。
行動パターンや趣味、好きなものなど、とにかく彼と同じにしようと思ってしまっています。

ですが自分に全て合わせてくれる献身的な彼女は、愛おしく思うと同時に重い と思われがち。
自分を犠牲にしてまで彼に尽くすのはやめましょう。

●(2)お金を貸す

『元カレにお金貸した経験ある人はダメンズに引っかかりやすいタイプなのかな?と勘くぐっちゃいます』(30歳/広告)

いくら好きとはいえ、お金を貸すのは良くありません。
借りてしまう彼も男としてどうかと思いますが、彼女がそれをやるべきではありません。
お金の切れ目が縁の切れ目という言葉もありますが、細かいものならともかく「来月返すから!」と言われ大金を貸すのは彼女として絶対にNGです。

●(3)浮気を許す

『浮気されたら別れたほうがいいと思う。泥沼にハマりそう』(33歳/金融)

彼のことが好きなあまり、彼が浮気したとしてもそれでもいいと彼を簡単に許してしまうのはやめましょう。
浮気したことに対して怒ったら彼が逆ギレするかもしれないし、そのままフラれるかもしれないから……なんて心配はしなくていいのです。

本当にあなたのことが好きだったのなら、絶対に謝り倒してきます。
逆に開き直ったり逆ギレしてきた場合は、彼はあなたのことが本気で好きではなく、浮気相手の方が好きだったということになります。
そんな男といつまでも一緒にいる価値はないのではないでしょうか。

●(4)束縛する

『信用されてないみたいで嫌です。好きなら信じててほしい』(27歳/美容師)

彼が今何をしているのか、どこにいるのか詮索したり、女がいる飲み会は絶対に行ってはダメ、女と連絡とるのもダメなどと彼をきつく束縛してしまうと、彼はあなたから離れてしまうかもしれません。
男性は束縛されるのを嫌う生き物 です。

それにそこまで束縛されては、「俺のこと信じてくれてないのかな?」と彼自身にも不信感を与えてしまうことになります。
やきもちやくくらいなら可愛いものなので、あまり行きすぎた嫉妬をしないように心がけましょう。

●(5)欠点を見逃す

『欠点はちゃんと伝えてほしい。後になって爆発されても嫌だし言ってくれないと分からない』(31歳/営業)

好きという感情があれば、少しの欠点も愛おしく思ってしまいがち。
寝相が悪い、食べ方が汚いなどの小さな欠点はまだしも、借金をしたりキレると物に当たるなど、将来的に不安になるような欠点は見逃してはいけません。

恋愛体質で彼にぞっこんな女性は、「私が頑張ればいいから」と言って許してしまいがち。
欠点は欠点として、彼にちゃんと伝えて改善してもらうようにしましょう。

----------

どうでしたか?恋愛体質を自覚している方なら、幾つか思い当たる節があったのではないでしょうか?
彼のことが大好きなのは悪いことではありませんし寧ろ彼にとっては嬉しい事ですが、だからと言って彼を甘やかすのはお互いのために良くありません。

やりすぎないように自分自身でストップをかけましょう。

(文/恋愛jp編集部)