年上の男性に金銭援助してもらう“パパ活”が流行しましたが、最近ではそれの男女逆バージョン“ママ活”も流行りだしているようです。若い麗らかな男子たちが、年上女性と出会い、あんなことやこんなことをして、金銭を享受しているのでしょうか!? はたしてその実態は? 今回はママ活している男子たちのリアルエピソードをご紹介しましょう。

文・塚田牧夫

欲しい物はママにねだる

「ママ活を始めたきっかけですか? いや、自分ではママ活してるつもりなんてなかったんですけど、ただ一回『叙々苑』で焼肉食ってみたかったんですよね。

でも金ないし、そもそもあったとしても、自分の金でそんな高い肉を食べるのバカバカしいじゃないですか? そこで奢ってくれそうなオバサンを探したんですよ。結構簡単に見つかりましたね。

それが、きっかけです。年上の女性にアプローチして、頼めば、結構なんでも奢ってくれたり、買ってくれたりするんだなーって気がついて。年上っていっても、今は40代、人によっては50代でも全然綺麗ですから。

彼女は彼女でいますけど、ママと呼ばれる人たちと遊んでいるときも、嫌な時間ではないですね。今ちょうどママから車買ってもらえそうな感じなんですけど、都内って駐車場高いじゃないですか? だから駐車場保有している別のママを募集中です! “我こそは!というママはご連絡ください!”」コーヘイ(仮名)/25歳

そんなの前からありますよ

「ママ活っていうんですか? 今は。そういう呼び方する前から、ありましたよね。昔だって。

ママ活だって援助交際みたいなものでしょ? だいたい最初は奢りから入りますよね。意外と入りやすいのがラブホ代。“金ないから”というと、“私が出すから”となる。次に食事代、その他デート代。デートにショッピング入れると、いろいろ買ってくれるようになって、次にはお金自体をくれるようになる……。

ママ活って言うのかー、今は。やりたい人が増えているって、どっちが? 男子のほうが?

『ママ活講座』とか開催したら儲かりますかねー? 会場代とトントンくらいの少額で人集めてセミナー開いて、バックエンドでテキスト売ったり、マンツーマン講座とか高額で売ったら、結構儲かっちゃうんじゃないですか、コレ? 俺はしないですけどね」シノブ(仮名)/33歳

男のママ活リアルエピソードをご紹介しました。

なんとも大成功しているようで、「こんな世界が本当にあるのか! 夢なんじゃないだろうか!」と非モテライターの筆者は思ってしまいました。世の中不公平過ぎますっ!

(C) Photographee.eu / Shutterstock(C) taa22 / Shutterstock