シティにいる価値なし!フェルナンドがキッパリ退団宣言

写真拡大

『Manchester Evening News』は29日、「マンチェスター・シティのブラジル人MFフェルナンドは、今夏でチームを離れることを宣言した」と報じた。

2014年夏にFCポルトからシティへやってきた守備的MFのフェルナンド。最初の2シーズンで49試合に出場したが、ジョゼップ・グアルディオラ体制になってからはチャンスが激減している。

契約はまだ残っているものの、彼は既に今夏マンチェスター・シティを離れることを決断したとのこと。

フェルナンド

「最優先事項は、チームを離れてプレーすることだ。マンチェスター・シティに残ることに価値はない。

僕はプレーしたい。既にクラブには伝えたよ。シティは良いオファーを待っているところだ」

(FCポルトに戻るのではないかと言われているが)

「ポルトへの扉は決して閉じることはない。それは僕の心のクラブだ。偉大なチームだ。しかし、何が起こるかはわからない。

誰かがコンタクトを取ってきたかどうかということを聞かれれば、ポルトからはないと答えるよ。今後はわからないけどね」

(シティは君にどんな価格を付けているの?)

「700〜800万ユーロ(およそ9〜10.3億円)だね。その価格を提示しているのはガラタサライ(トルコ)だ。

シティは僕を売りたがっている。しかし、クラブにとって良いことが、僕にとってはそうじゃないこともある。

片方にとっては良いことばかりではない。だから、物事の解決は難しい。8月31日までは何が起こるか分からないよ」