お母さんに助け舟を求めてきたら感情をコントロールできるよう対処しよう



5歳ごろになるとお友だちと関わって遊べるようになります。しかし上手に関われるようになって安心したのもつかの間。子ども同士のやり取りで、「○○言った」「○○言われた」などの小さな行き違いが起こってきます。女の子はどちらかというと感情的になりやすいです。自分だけでは思いがおさまらずお母さんに助け舟を求めるという簡単な方法を知っているのです。そんな時は、感情をコントロールできるようなお母さんの対処力がカギとなります。

ちゃんと解決しなくては!と、お母さんが裁判官になってはいませんか?



子どもがけんかをした時、お母さんは正しいことを教えたい、道徳心を育てたいと思うあまり解決してあげなくては、と意気込んでしまうかもしれません。両者から状況を聞き出し「それは○○ちゃんが悪いわね、謝りなさい」なんて言いたくもなります。しかし、けんかはどちらが悪くてどちらが謝らなくてはならないなんて、単純に白黒つけられるものではありません。それにお母さんは裁判官ではありませんよね。

子どもが何かを訴えてきたら、「リピート法」で感情を受け止めよう



子どもがけんかをして何かを訴えてきたときは、言葉をそのまま繰り返す「リピート法」が効果的です。「○○ちゃんが叩いたの」と訴えてきたら「○○ちゃんが叩いたのね」と繰り返し、「私は何もしてないんだよ!」と言われたら「あなたは何もしていないんだね」と繰り返します。このようなやりとりを、子どもが言葉が出なくなるまで続けます。このリピート法だけで子どもの感情は落ち着いていく効果があります。

子どもが求めているのは解決ではなく、心の痛みを分かってもらうこと



本当に子どもが求めているのは解決ではなく、誰かに自分の心の痛みを分かってもらいたいだけであることも多くあります。子どもはお母さんに自分の感情を受け止めてもらえただけで心が満たされます。このような経験の積み重ねにより、子どもは誰かに話を聞いてもらえたという安心感になります。そして徐々に他の方法でも自分の感情は自分でコントロールできるように成長できるのです。

今日の1日1成長



けんかが起きたら、解決よりも「リピート法」で感情を受け止めよう子どもの感情抑制力も1成長、お母さんの対処力も1成長。田中京子(文)森みきこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/