Photo by cinemacafe.net

写真拡大

「ウォーキング・デッド」、「フィアー・ザ・ウォーキング・デッド」で製作総指揮を務めたグレッグ・ニコテロが、アメリカのテレビ局AMCで新たなホラー/SFドラマを手掛けるという。
「Digital Spy」によると、すでにドラマのタイトルは「Shock Theater」(原題)に決定しているとのこと。「Shock Theater」とは、1948年以前に撮影されたユニバーサル・ピクチャーズ製作のクラシックホラー映画の『魔人ドラキュラ』、『フランケンシュタイン』、『透明人間』などの52本を、1950年代にテレビ向けに放送した番組名。これらの映画は限られた製作期間、低予算、上映時間の制限という厳しい条件の中で製作したものの、現在までホラー映画ファンを引き付けて止まない。グレッグ版「Shock Theater」にも、こういったクラシックホラーのスタイルが取り入れられるそうだ。各エピソードは一話完結。

ホラー作品を得意とする「サウス・オブ・ヘル〜女エクソシスト」のマット・ランバート(製作総指揮、脚本)、「バフィ〜恋する十字架」、「エンジェル」のゲイル・バーマン(プロデューサー)も製作総指揮に名を連ねている。

(Hiromi Kaku)

■関連記事:
「ウォーキング・デッド」最新シーズン8、10月日本放送決定!
「ウォーキング・デッド」吹替版第1話が地上波初登場! 配信未公開の映像も
【特別映像】1発の銃弾で絶望へ…迫力満点のトラック横転シーン解禁『ノー・エスケープ』
「ウォーキング・デッド」サシャ役、ドラマ「スタートレック」新シリーズの主演に!
「ウォーキング・デッド」グレン役俳優が結婚!懐かしいキャストも祝福