YG、新オーディション番組に関するデマを否定「ゴールデンタイム編成の要求は事実無根」

写真拡大

YG ENTERTAINMENETがハン・ドンチョルプロデューサーのオーディション番組に関する噂を、事前に遮断した。

YG ENTERTAINMENTの関係者は本日(31日)、OSENとの取材で「ハン・ドンチョルプロデューサーのオーディション番組に関連し、デマが広がっている。オーディションの編成について複数のテレビ局と協議しており、ゴールデンタイムを協議したという報道は、全く事実ではない。初めて聞いた」と明らかにした。

この関係者は「ハン・ドンチョルプロデューサーがMnetで手がけた番組は、ゴールデンタイムに放送して人気を得た番組ではない。ほとんど夜12時頃に始まり、レギュラー視聴者ではなく、若者に話題性が高い番組だっただけだ」と明らかにした。

これに先駆けてあるマスコミは、ハン・ドンチョルプロデューサーのオーディション番組がJTBCの編成において難航しており、その背景にはYG ENTERTAINMENTの“ゴールデンタイム編成への要求”があったと報道した。

しかし、YG ENTERTAINMENTはこれを直ちに否定し「相変わらず、編成を議論している状況だ」と明らかにした。

YG ENTERTAINMENTは今秋4本のバラエティ番組を新たにローンチし、放送業界と音楽界で地殻変動を引っ張っていく予定だ。Mnet「SHOW ME THE MONEY」「UNPRETTY RAP STAR」「プロデュース101」などを企画・演出したハン・ドンチョルプロデューサーが番組の首長を務める。