ニコラス・ケイジが白髪の中年男性に 『オレの獲物はビンラディン』12月より公開へ

写真拡大

 ニコラス・ケイジ主演作「Army of One」が、『オレの獲物はビンラディン』の邦題で、12月16日より公開されることが決定した。

参考:J・G・レヴィット演じる“スノーデン”の造形は正解だったのか? 結城秀勇の『スノーデン』評

 本作は、オサマ・ビンラディン誘拐を企てたとして、2010年にパキスタン当局に拘束されたアメリカ人ゲイリー・フォークナーの実話を基にしたコメディ映画。米同時多発テロの首謀者とされるテロリスト、オサマ・ビンラディンを捕まえろという神からの啓示を受けたゲイリーが、任務遂行を目指して奔走する模様を描く。

 メガホンを取ったのは、『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』のラリー・チャールズ監督。アメリカをこよなく愛する中年男ゲイリー・フォークナー役をケイジが演じるほか、キャストには、『ロック・オブ・エイジス』のラッセル・ブランド、『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』のウェンディ・マクレンドン=コーヴィ、『スーパー!』のレイン・ウィルソンらが名を連ねる。(リアルサウンド編集部)