HIDEYA KOJIMA×loundraw×T.B.Aからなる“ART&MUSIC&STORY”を融合させるアーティスト集団 CHRONICLE本格始動

写真拡大

 HIDEYA KOJIMA(ORESAMA)、ビジュアルアーティストloundraw、謎のベールに包まれたボーカリスト T.B.Aからなる、“ART&MUSIC&STORY”を融合させる総合型アーティスト集団 CHRONICLE(クロニクル)が、本格始動となった。

関連ビジュアル

 CHRONICLEは、映像表現が必須となりつつある現在の音楽シーンにおける音楽×映像の系譜に、“物語”という新しい拡張要素を加え、J-ROCK、J-POPシーンにおける新しい音楽表現の地平を切り拓くべく始動。そして、1作目となる「君のいる場所」の楽曲と、コンセプトアートをYouTubeにて公開した。(https://youtu.be/fQfqUhIydQc)

 「誰も知らない、声も届かない世界で、僕たちは生きている。」というテーマのもと制作された本作を皮切りに、それぞれ異なるルーツを持つ若き才能が、表現のジャンルを越えた新しい音楽のカタチを体現していく。


◎HIDEYA KOJIMA(ORESAMA)コメント
今回、異なる分野の仲間と手を取り合うことで、音楽の表現をさらに引き上げられたらと思います。CHRONICLEが作り出す世界をお楽しみに。

◎loundrawコメント
僕にとっては本当に新しい挑戦です。ここに自分が居て良いのかという緊張ばかりですが、未知の場所に踏み出すときに仲間がいることの心強さを改めて感じます。できる全力を尽くします。よろしくお願いします。